はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

一周忌

参列のマナー

一周忌の香典の相場や香典袋の書き方について

一周忌の法要に参列するにあたって、覚えておきたいマナーがあります。例えば、香典の相場や香典袋の書き方です。香典の金額は、故人との関係性によって異なります。また、香典袋の書き方は宗教・宗派によっても異なります。初めて法要に参列する方が押さえておくべき点をまとめました。
お葬式の後から必要なこと

大切な故人の法要はいつ?年忌法要早見表

亡くなった人の祥月命日に営む追善供養の法要を年忌法要と言います。 祥月命日とは亡くなった月日のことです。ですから、ある人が9月14日に亡くなったとすれば、毎年9月14日が祥月命日ということになります。 年忌法要の準備 年忌法要...
お葬式の後から必要なこと

法事・法要とは?お葬式の後に必要な法要の種類とその意味、一覧!

法要とは、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う「追善供養」のことを指します。 法要は一般に「法事」と呼ばれていますが、厳密にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼び、追善供養の後席の会食まで含むものを「法事」と呼びます。 法要は、遺族...
法事・法要

いくらが妥当?法事・法要のお香典、金額相場とマナー

法事・法要とは、故人の冥福や成仏を願って供養する儀式のひとつです。 一周忌、三回忌と回を経るごとに故人と深い関係にあった人や親族のみで営まれることが多いようです。 大切な方を亡くされ、心にポッカリ大きな穴を抱えたままの方も少なくないでし...
法事・法要

心遣いが重要!法事・法要における参列者への挨拶

規模の大小に関わらず、法事・法要における参列者への挨拶に頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。 文例を見ても普通過ぎてこれで良いのかと自問自答する施主の方も多いようです。 そこで、参列者への心遣いや故人の思いを伝えられる挨拶をどのよ...
お葬式の後から必要なこと

【知りたい!】みんないくら用意している?一周忌のお布施金額

一周忌は四十九日法要に次いで大切な法事です。 遺族は1か月前には招待客に案内状を送れるように、前もって準備を進める必要があります。 また、僧侶に渡すお布施の用意も事前に準備しておきましょう。 気になる一周忌法要の際にお渡しするお布施金...
法事・法要

【知っておきたい】法事・法要の食事メニューの選び方【一周忌・四十九日】

法事・法要とは、故人を偲び、冥福を祈るための行事です。 仏教用語では「追善供養」と呼ばれています。 四十九日で「忌明け」となり、その後は「百か日」「一周忌」と続き、一周忌が過ぎると「喪明け」となります。 中でも、一周忌は特...
法事・法要

「法事」ってどんな種類があるの?忌中と喪中の違いは?初七日、四十九日、一周忌、三回忌などそれぞれの行事について

「法事」は学校や職場でよく聞く言葉ですが、そもそもどういったものなのか理解できている人は多くないでしょう。「法事」という行事がある訳ではなく、故人の冥福を祈るための一連の行事を指して法事と呼ぶのです。 法事の種類は多く、招待される機会も年...
お葬式の後から必要なこと

一周忌法要について。事前の準備と当日の流れ

一周忌とは、故人の命日のちょうど一年後の同日に残された遺族や親族が執り行う年忌法要のことです。葬儀の後、四十九日までは葬儀社が相談に乗ってくれる場合も多いのですが、それ以降はほぼ遺族の方たちで仕切っていくことになります。一周忌は最初の年忌法要であるため、わからないことが多いという方もいらっしゃると思います。そこで、一周忌の準備や流れ、必要なものやマナーを詳しく紹介します。
法事・法要

法要の種類 法事と法要の違い。初七日から弔い上げまで

法事と法要はほぼ同じ意味で使われていますが、ニュアンスはやや異なります。 法事とは仏教の行事のことで、仏事、年忌、年回、供養、追善ともいいます。法要とは、法事の中でも特に供養のための仏教的な儀式のことを指します。法要とその後の会食なども含めた一連の行事ということができます。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す