はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

「厄落とし」と「厄除け」「厄払い」。違いと厄の落とし方

厄落としとは、厄年の厄を払う、落とすために行われる行事を指します。もともとは、普段から身につけているものや大切にしているものを故意に落とすことを意味していましたが、現在では厄払いの行事として用いられることがほとんどです。ただ、正確には厄落としと厄払い、厄除けには違いもあります。ここではその違いや厄の落とし方などについてもお伝えします。

厄年とは

厄年とは、例年よりも慎ましく過ごそうとする年を指します。厄という言葉には、災いや不幸といった意味があり、それを避けるために普段よりおとなしく過ごそうとする考え方です。

厄年の歴史は長く、平安時代から1000年以上も続いてきました。紫式部の源氏物語にも、厄年に関する記述があるなど、古くから日本では厄年を意識して生活してきました。

男女でもそのタイミングは異なり、 男性の厄年は数え年で、25歳、42歳、61歳、女性の厄年は19歳、33歳、37歳となります。また、地域によってはこの範囲でないこともあります。気になる方はお近くの神社などで確認してみましょう。

厄落としとは

厄落としとは、 自ら災厄を作り出すことで、それ以上自分に良くないことが起こらないようにすることです。大切にしてきたものや、いつも身につけているものを故意に落とすと厄を落とすことになると考えられてきました。ただ、最近では厄を払う、除けるなどの行事をまとめてこのように呼ぶことも少なくありません。明確な線引きはなくなってきています。

厄落としをどれくらいの回数行うのが良いのかということについても、特に決まりはありません。1回しかしない方もいれば、何度も行っている方もいます。厄年を迎える年の初詣のときに済ませる人や、自分の都合のよい日に行うなど、さまざまなケースがあります。

厄落としは、神社やお寺などで祈祷を受けるのが一般的ですが、地域によって違いがあります。自分の生まれ育った地域の習慣にならうという方も少なくありません。無事に厄を落とすことができたという意味を込めて、その年の終わりに行うケースもあります。

厄除けとは

厄落としと似た言葉に厄除けがあります。これは邪気や災厄が寄ってこないように祈願や祈祷をしてもらうことを指します。

神社で祈祷をしてもらうこともありますが、一般的には密教系のお寺で祈願祈祷をしてもらうことがほとんどです。悪いこと、災いが近寄ってこないように行う予防的な意味を持っているのが特徴といえるでしょう。

厄落としは厄年を迎えるときに行うことがほとんどですが、こちらは厄年でなくても行うことがあります。これも違いの一つといえるでしょう。最近良くないことばかり起こる、災難が続いているといったケースだと、その都度祈祷を受けるということもあるでしょう。

厄払いとは

自分にとって良くないことをもたらすものを払ってもらうために、祈願祈祷を受けることを指します。こちらも、神社で受けるのが一般的です。神道の考え方に則ったお祓いで、自分についている邪気や穢れを払ってもらうことで状況の改善などを図ろうとします。

先ほどの厄払いと同様、厄年でなくてもお祓いをしてもらうことは少なくありません。例えば新しい車を購入した時など、安全を祈願してお祓いをすることもありますし、反対に悪いことが連続して起こる、自分を含め身内に不幸が連続している、といったケースで受けることもあります。

厄落としの方法

厄落としの方法のひとつとして断捨離が挙げられます。不要になったもの、普段使っていないものをまとめて処分することで、良くないものも一緒に払えるといわれているのです。持っているものの中で、あまり使わないものなどを処分してみてはいかがでしょうか。部屋が片付くと気持ち的にもスッキリしますし、心機一転できるかもしれません。

身につけているものを落とすことでも厄を落とせるといわれています。小銭やアクセサリーなど、普段から身につけているものを十字路に落とすことで厄と縁を切れるそうです。自分の身についている厄をほかのものに移し、それを落とすことが厄を払うことになるという考え方です。

また、食事を振る舞うことで厄を払えるとも考えられています。家族や親せき、近所の方などに食事をごちそうして、厄落としにするという習慣が地域によって残っていることがあります。高いところからお菓子やお餅をばらまく、赤飯を配る、宴会をしてほかの人に厄を分担してもらうといった方法もあるみたいです。赤飯はおめでたいときに食べるものですが、厄落としとして配られることもあります。

また、長いものを贈られると厄を払えるといわれています。男性だとベルトやネクタイ、女性はネックレスや帯締めなどが代表的です。

まとめ

近ごろ、何をしてもうまくいかない、悪いことが続いていると感じている方は、厄落としや厄払いが必要な時期なのかもしれません。そこまでしなくても、という方も神社やお寺などをお参りするだけでも気分が変わるかもしれませんね。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す