はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【終活最前線】エンディングノートを活用できるおすすめアプリ4選

エンディングノートとは、何かあったときのために、家族へ伝えたいことを自由に記しておくノートです。例えば病気の治療や葬儀などについて、自分はどうして欲しいと思っているのかを、残された人に伝えることができます。
近年では、そんなエンディングノートをスマートフォンやタブレットで書くことができるアプリも登場しています。そこで今回は、このエンディングノートアプリに関する情報や、使いやすいおすすめのアプリをご紹介します。

エンディングノートアプリとは?

エンディングノートアプリとは、スマートフォンやタブレットを使ってエンディングノートを書くことができるものです。エンディングノートは市販のノートやメモ帳、パソコンの文書作成ソフトなど何に書いても良いのですが、日常的にスマートフォン・タブレットを使う方は、アプリを利用することで、わざわざ書くものを用意しなくて良いというメリットがあります。

エンディングノートには、何かあった際に延命治療を希望するかどうかや、保険証などの保管場所、相続についてなど、基本的に何を書いても良いとされています。しかし自由だからこそ、何を書けば良いかわからないという方もいるかもしれません。そういったときも、エンディングノートアプリが助けになるでしょう。
あらかじめ項目ごとに書く内容が指定されているタイプのアプリを使えば、それに沿ってエンディングノートを簡単に作成することができます。

エンディングノートアプリの注意点は?

エンディングノートアプリを使う際には、いくつかの注意点もあります。


パスワードを控えておく

スマートフォンやアプリを開くために、パスワードが必要になる設定にしている方もいるでしょう。自分が忘れたときや、家族の方が開くときのために、パスワードを控えておくようにしましょう。

アプリが使えなくなる可能性がある

アプリは関係会社の都合により、サービスが終了してしまうことがあります。これはエンディングノートアプリを利用することのデメリットといえるでしょう。
より万全を期すなら、使えなくなってしまう可能性を考えて、アプリはエンディングノート制作のガイドとして利用し、それを別のノートなどに写してバックアップを用意しておく、という方法もあります。

書く内容がアプリに依存する

書く内容があらかじめ決められているアプリを利用すると、何を書くか悩んでいる場合には便利です。しかし、言い換えれば自由度が下がるため、自分で書きたい項目があるのに、それがアプリにないということも起こります。書きたい内容が多岐に亘る場合、不便を感じるかもしれません。

完全無料とは限らない

基本無料のアプリだからといって、利用に全く費用がかからないとは限りません。特定の機能を使うためには、別途費用が発生することも考えられます。そのため、事前にどこまでが無料なのかを確認してから使い始めるようにしましょう。

エンディングノートアプリ4選

「100年ノート」

Android・iPhone両方で使うことができるアプリです。項目が分けられているので、書く内容がわかりやすくなっています。キーボードだけでなく、音声でも入力が可能です。また、写真を残しておくこともできます。
情報の保護が徹底しているのも特徴です。情報を確認するためには、利用者が情報開示の許可設定をした遺族の方が、アプリ会社に身分証明書などを提示しなければなりません。利用自体は無料で、情報開示をするときは、32,400円の開示費がかかります。

「エターナルメッセージ」

同じくAndroid・iPhoneどちらでも使える無料のアプリです。動画を残しておくことができるのが特徴で、遺族の方へ向けて2本の動画を登録することが可能です。また、毎日の思い出としてフォトアルバムに写真を残しておくこともできます。さらに、エンディングノートは設問に答えていく形式なので、簡単に記録できるのも嬉しいポイントです。

「私ノート」

「私ノート」はiPadで使える無料のエンディングノートアプリです。財産関連や葬儀関連など8つの項目に分けて記録しておくことができるほか、写真や動画も残しておけます。また、昔の写真をデータ化し、デバイス上で見られるようにする有料サービスも利用可能です。さらに「安否通知機能」という、一定時間ログインがないときに、指定された人へメールが送信される機能もあります。

「生前整理アプリ」

こちらはAndroidで使えるアプリです。伝えたい相手ごとに複数のアカウントを所有できる点や、セキュリティ認証による安全な情報共有などが特徴です。無料版でもお薬手帳や仕事についてなどの情報を記録することができますが、月額980円の有料版に登録すれば、葬儀や財産などの情報が記録できるようになり、より幅広い活用が可能になります。

まとめ

今回はエンディングノートをスマートフォン・タブレットで書くことができる、便利なアプリについてご紹介しました。終活をするときは、自分のためにも、ご家族のためにもエンディングノートアプリを利用してみてはいかがでしょうか。
いい葬儀では葬儀社の決定に関する相談や見積もりなど、葬儀に関するさまざまな悩みにお答えしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す