はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

収骨の方法

火葬の後に行われる収骨は、厳粛な雰囲気の中で故人の遺骨を拾い、骨壺に収める大切な儀式です。収骨の方法にはいくつかの決まりがありますので、戸惑ってしまう方もいるでしょう。地域によって違いはありますが、ある程度の基礎知識をおさえておけば落ち着いて臨めます。

なお収骨は拾骨や骨上げ、骨拾いなどとも呼ばれますが、納骨とは全く意味が違います。納骨は、お墓や納骨堂に遺骨を安置することですので、間違えないように注意しましょう。

収骨は、火葬炉の前で行う場合と収骨室などの別室で行う場合があります。火葬が終わると係の人からアナウンスや案内がありますので、その指示に従いましょう。収骨は、遺族などが2人1組になり遺骨を拾うことです。方法は、一対の箸を2人で1本ずつ持って行ったり男女がペアになったり、また収骨自体を行わないなど宗派や地域によってさまざまです。

骨上げ箸と逆さ事

遺骨を拾う際には、骨上げ箸(御骨箸)が使われます。骨上げ箸は1本が竹、もう1本が白木でできている少し風変わりな物です。

骨上げに揃いの箸を用いないのは、逆さ事のひとつといわれています。骨上げ箸以外にも、葬儀では逆さ水や逆さ屏風など、あえて日常と違いを出すことがあります。これは日常の世界と死の世界を区別するためと考えられています。あえて日常のものを逆さにするのは、古くは死の世界は日常の世界とは正反対の世界と考えられていたことに由来します。逆さにすることで、葬儀が特別な儀式だということを表しています。

収骨に箸を使用する理由

そもそも、収骨になぜ箸を使うのでしょうか?

これは箸渡しと呼ばれ、古くから伝わる大切な風習です。日本ではあの世とこの世の間には三途の川が流れていると考えられています。箸を順番に渡しながら収骨をすることで、故人が三途の川を渡る手助けをするという意味合いがあるのです。無事に渡ることができるようにと、祈りながら行いましょう。

収骨の方法は西と東で違う

収骨の方法には、全収骨と部分収骨の2種類があります。

全収骨はすべての遺骨を骨壺に入れることで、部分収骨は一部の遺骨のみを骨壺に入れることを指します。一般的には、北海道や関東などの東日本では全収骨、関西などの西日本では部分収骨が行われることが多いようです。部分収骨の場合は、のど仏や歯など主要な骨だけを収骨します。

残った遺骨は、火葬場で供養してもらうことになります。

 

このように収骨法が違うため、用意する骨壺のサイズも西と東で異なります。全収骨の東日本は7寸ほどの骨壺が、部分収骨の西日本は4寸前後の骨壺が選ばれています。骨壺は、火葬場で販売されている白無地のものを使用するのが一般的です。デザインに凝ったものや自作のものなどを用意する人もいます。

 

>>地域で違う葬儀

収骨の順番やマナー

収骨の方法は係の方から教えてもらうこともできますが、日常では行わないことですし、いきなりでは戸惑ってしまいます。事前にある程度の手順やマナーを知っておけば、落ち着いて行うことができるでしょう。火葬にかかる時間は1時間前後で、火葬場や地域によっても異なります。火葬が終わると収骨の案内が入りますので、トイレなどに立つ場合早めに済ませ、終了の目安時刻には戻っているようにしましょう。

収骨の順番は?

収骨は、喪主など故人に縁の深かった方から順番に2人1組で行います。

最後に1人残っても1人でやってしまわず、一度終わった方などと必ず2人で行いましょう。1人では橋渡しにならないからです。

そして、最後はまた喪主が行うことになります。一般的に、足の骨から頭に向かって拾っていきますが、地方によっては歯からや大きな骨からという場合もあります。

収骨で骨を落としてしまったら?

収骨は日常で行うことはありませんので、緊張から途中で骨を落としてしまうことも考えられます。そんな時も決して慌てる必要はありません。やり直せば問題ありません。収骨が終わると骨壺に蓋をし、箱に入れたり風呂敷で包んで喪主が持ち帰ります。

分骨したい場合

遺骨を複数のお墓に納骨したい、または一部を手元に置いておきたいなど、さまざまな理由で分骨を希望する方もいらっしゃいます。

分骨は勝手に行うことはできず、所定の手続きが必要です。分骨を希望する場合は、前もって葬儀業者に依頼しておきます。そうすれば、分骨用の骨壺も用意してもらえますので、収骨の際にスムーズに分骨することができます。

また、火葬場で分骨証明書も必ず貰っておきましょう。墓へ納骨するには、確かに分骨した骨であることを証明する分骨証明書が必要だからです。お墓に納骨した後でも分骨は可能ですが、閉眼供養や開眼供養など少々手続きが複雑になってしまいます。前もってわかっている場合は、収骨の時に手続きを取ることをおすすめします。

 

>>分骨のタイミングや手続きについて

まとめ

収骨は、故人が三途の川を渡る手助けの儀式です。基本的には係の方の指示に従えば問題ありませんが、厳粛な雰囲気の中、緊張してしまう方も少なくありません。ある程度の方法やマナーを知っておけば、落ち着いて臨むことができるでしょう。

葬儀やお墓のことなどで、まずは相談したいという方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す