正信念仏偈

浄土真宗で読まれる偈文です。

正信念仏偈

 しょうしんねんぶつげ

 正信念仏偈

き みょう む りょう じゅ にょ らい
帰命無量寿如来
な む(も)ふ か し ぎ こう
南無不可思議光
ほうぞうぼ さついん に  じ
法蔵菩薩因位時
ざいせ  じざいおうぶつしょ
在世自在王仏所
と けんしょぶつ じょう どいん
覩見諸仏浄土因
こく ど にんでん しぜんまく
国土人天之善悪
こんりゅうむじょうしゅしょうがん
建立無上殊勝願
ちょうほつけ う だいぐぜい
超発希有大弘誓
ご こう し ゆい し しょうじゅ
五劫思惟之摂受
じゅうせいみょうしょうもんじっぽう
重誓名声聞十方
ふ ほうむ りょうむ へんこう
普放無量無辺光
む げ む たいこうえんのう
無碍無対光炎王
しょうじょうかんぎ ち え こう
清浄歓喜智慧光
ふ だんなんじ む しょうこう
不断難思無称光
ちょうにちがっこうしょうじんせつ
超日月光照塵刹
いっさいぐんじょうむ こうしょう
一切群生蒙光照
ほんがんみょうごうしょうじょうごう
本願名号正定業
し しんしんぎょうがん にいん
至心信楽願為因
じょうとうがくしょうだいねはん
成等覚証大涅槃
ひっし めつ どがんじょうじゅ
必至滅度願成就
にょ らい しょい こうしゅっ せ
如来所以興出世
ゆいせつみ だほんがんかい
唯説弥陀本願海
ご じょくあく じ ぐんじょうかい
五濁悪時群生海
おうしんにょ らいにょじつごん
応信如来如実言
のう ほつ いちねんきあい しん
能発一念喜愛心
ふ だん ぼんのうとくねはん
不断煩悩得涅槃
ぼんじょうぎゃくほうさいえにゅう
凡聖逆謗斉廻入
にょしゅしいにゅうかいいちみ
如衆水入海一味
せっ しゅ しん こうじょうしょうご
摂取心光常照護
い のうすい はむみょうあん
已能雖破無明闇
とんないしんぞう しうん む
貧愛瞋憎之雲霧
じょうふしん じつしんじんてん
常覆真実信心天
ひ にょ にっ こうふ うん む
譬如日光覆雲霧
うんむ し  げみょう む あん
雲霧之下明無闇
ぎゃくしんけんきょうだいきょうぎ
獲信見敬大慶喜
そくおうちょうぜつご あく しゅ
即横超截五悪趣
いっ さいぜんまくぼんぶ にん
一切善悪凡夫人
もん しんにょ らい ぐぜいがん
聞信如来弘誓願
ぶつごんこうだいしょうげしゃ
仏言広大勝解者
ぜ にんみょうふんだり け
是人名分陀利華
み  だぶつほんがんねんぶつ
弥陀仏本願念仏
じゃけんきょうまんなくしゅじょう
邪見憍慢悪衆生
しんぎょうじゅじ じん になん
信楽受持甚以難
なんちゅうしなんむ か  し
難中之難無過斯
いんど さいてん し ろんげ
印度西天之論家
ちゅうかじちいき し こうそう
中夏日域之高僧
けん だいしょうこうせしょうい
顕大聖興世正意
みょうにょらいほんぜいおうき
明如来本誓応機
しゃ かにょ らいりょうがせん
釈迦如来楞伽山
い しゅごうみょうなんてんじく
為衆告命南天竺
りゅうじゅだいじ しゅっ と せ
龍樹大士出於世
しつのうざいは う む けん
悉能摧破有無見
せんぜつだいじょうむじょうほう
宣説大乗無上法
しょうかんぎじ しょうあんらく
証歓喜地生安楽
けん じ なんぎょうろく ろく
顕示難行陸路苦
しんぎょうい ぎょうしいどうらく
信楽易行水道楽
おく ねんみ  だ ぶつほんがん
憶念弥陀仏本願
じ ねん そく じにゅうひつじょう
自然即時入必定
ゆいのうじょうしょうにょらいごう
唯能常称如来号
おうほうだい ひ ぐぜいおん
応報大悲弘誓恩
てんじんぼ さつ ぞうろんせつ
天親菩薩造論説
き みょう む げ こうにょ らい
帰命無碍光如来
え しゅ た  ら けんしんじつ
依修多羅顕真実
こうせんおうちょうだいせいがん
光闡横超大誓願
こう ゆ ほんがんりきえこう
広由本願力廻向
い  ど ぐんじょうしょういっしん
為度群生彰一心
き にゅう く どくだいほうかい
帰入功徳大宝海
ひつぎゃくにゅうだいえしゅしゅ
必獲入大会衆数
とく し れんげ ぞうせ かい
得至蓮華蔵世界
そくしょうしんにょほっしょうじん
即証真如法性身
ゆうぼんのうりんげんじんづう
遊煩悩林現神通
にゅうしょうじおんじ おう げ
入生死薗示応化
ほん しどんらんりょうてんし
本師曇鸞梁天子
じょうこうらんしょぼ さつらい
常向鸞処菩薩礼
さんぞう る し じゅじょうきょう
三蔵流支授浄教
ぼんじょうせんぎょうきらくほう
焚焼仙経帰楽邦
てんじんぼ さつろんちゅうげ
天親菩薩論註解
ほうど いんが けんせいがん
報土因果顕誓願
おうげんね こう ゆ  たりき
往還廻向由他力
しょうじょうしいんゆいしんじん
正定之因唯信心
わくぜんぼんぶ しんじんぽつ
惑染凡夫信心発
しょうちしょう じ そく ねはん
証知生死即涅槃
ひっ し むりょうこうみょうど
必至無量光明土
しょ う しゅじょうかいふ け
諸有衆生皆普化
どうしゃくけっしょうどうなんしょう
道綽決聖道難証
ゆいみょうじょうどかつうにゅう
唯明浄土可通入
まんぜんじりきへんごんしゅう
万善自力貶勤修
えんまんとくごうかんせんしょう
円満徳号勧専称
さんぶ さんしん けおんごん
三不三信誨慇懃
ぞう まつほうめつどうひいん
像末法滅同悲引
いっしょうぞう あくち ぐ ぜい
一生造悪値弘誓
し あんにょうがいしょうみょうか
至安養界証妙果
ぜんどうどくみょうぶつしょうい
善導独明仏正意
こうあいじょうさん よぎゃくあく
矜哀定散与逆悪
こうみょうみょうごうけんいんねん
光明名号顕因縁
かいにゅうほんがんだいちかい
開入本願大智海
ぎょうじゃじょうじゅこんごうしん
行者正受金剛心
きょうき いちねんそうおう ご
慶喜一念相応後
よ  いだいとうぎゃくさん にん
与韋堤等獲三忍
そくしょうほっしょうしじょうらく
即証法性之常楽
げんしんこうかいいちだいきょう
源信広開一代教
へんきあんにょうかんいっさい
偏帰安養勧一切
せんぞうしゅうしんはんせんじん
専雑執心判浅深
ほう け  に  どしょうべんりゅう
報化二土正弁立
ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ
極重悪人唯称仏
が やくざい ひせっしゅちゅう
我亦在彼摂取中
ぼんのうしょうげんすいふけん
煩悩障眼雖不見
だいひ む けんじょうしょうが
大非無倦常照我
ほんしげんくうみょうぶっきょう
本師源空明仏教
れんみんぜんまくぼんぶにん
憐愍善悪凡夫人
しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう
真宗教証興片州
せんじゃくほんがんぐあくせ
選択本願弘悪世
げんらいしょう じりんでんげ
還来生死輪転家
けっち ぎ じょう い しょし
決以疑情為所止
そくにゅうじゃくじょうむい らく
速入寂静無為楽
ひっち しんじんい のうにゅう
必以信心為能入
ぐきょうだい じ しゅう し とう
弘経大士宗師等
じょうさい むへんごくじょくあ
拯済無辺極濁悪
どう ぞく じしゅ ぐ どう しん
道俗時衆共同心
くゆいかしん し こうそうせつ
唯可信斯高僧説

大まかな意味

正信偈の内容は前半(依経段)と後半(依釈段)に分けて理解されます。前半は、阿弥陀如来をたたえ、阿 弥陀如来への絶対帰依が表されています。そして、後半ではインド・中国・日本の七高僧への帰依が表明されます。
七高僧とは、インドの龍樹・天親(世親)、 中国の曇鸞・道綽・善導、日本の源信・源空(法然)のことで、最後の句にいう「唯可信斯高僧説(ただ、この高僧の説を信ずべし)」の高僧とはこの七高僧の ことです。

※正信偈は浄土真宗で拝読されます。正しい意味については門徒の方は菩提寺に、それ以外の方は浄土真宗の寺院にお聞きするのがよいでしょう。

正信念仏偈とは?

『正信念仏偈』は七言を一句とした百二十の句からなる偈(詩)です。『正信偈』と言っても間違いではあ りません。『正信念仏偈』は親鸞聖人の著書『教行信証』六巻のうち行巻の末尾にでてくるもので、『教行信証』のエッセンスとされ、親鸞聖人はこの中に浄土 真宗の教えの要点をまとめていると言われています。 第七世の存如により『正信念仏偈』として『教行信証』から独立して書写され、第八世の蓮如によって印刷されて日常の勤行用に門徒に広められました。それ 以後、浄土真宗の門徒の方々に読誦され親しまれています。浄土真宗では葬儀においても、『正信偈』を念仏・和讃とともに読誦します。

「信行教典シリーズ」オンライン販売

「仏像と仏師の世界」

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」