葬儀のマナー(仏式、神式、キリスト教式)

葬儀のマナー一般について

葬儀のマナー一般について 葬儀には、様々なマナーが存在します。けれども葬儀は、日常においてそんなに頻繁に行われるものではありません。そのため、葬儀についてのマナーやしきたりについて、よくわからないという方がほとんどだと思います。
葬儀は、故人にとって人生最後のイベントですし、二度と行われることのない大切な儀式。ですから、マナーをしっかりと守り、失礼のないように行動しなければなりません。

まず、訃報の知らせを聞いたときは、故人との関係や状況を考えて、弔問の時期を判断します。故人が近親者や親しい友人の場合はできるだけすぐに駆けつけるべきです。けれども、故人とあまり親しくない場合はすぐに弔問に訪れるのではなく、後に通夜や葬儀の際に弔問に訪れた方がよいでしょう。なお、隣近所の場合は、それほど親しくなくても、すぐに弔問に伺うのがマナーです。

葬儀の日取りが決まると通夜や葬儀の連絡が届きます。故人と親しかった人の場合は、通夜と葬儀の両方に参列するのが普通です。あまり親しい関係でなかった場合は、通夜か葬儀のどちらかに参列すればよいでしょう。どうしても弔問できない場合は、弔電を打ちます。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」