浄土宗の葬儀・お葬式

浄土宗の葬儀式は堂内式とも言います。阿弥陀仏(あみだぶつ)を信じ、一心に「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えるものは、必ず極楽浄土に往住できるという法然上人の教えに従って営まれます。
授戒を受け新しい仏の弟子となった故人の出発は喜ぶべきことでもあり、生きている人にとっては深い悲しみの中、自分の死の意味を考える機会でもあります。
浄土宗の葬儀の中には僧侶と参列者が念仏を唱える念仏一会があり、「南無阿弥陀仏」と十篇唱えます。この念仏は、参列者と阿弥陀仏との縁を結ぼうとするものです。

浄土宗の葬儀ができる葬儀社、斎場・葬儀場をご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り

浄土宗の葬儀の特色

浄土宗の葬儀は、通常の法要の「序分(じょぶん)」「正宗分(しょうじょうぶん)」「流通分(るつうぶん)」の3つの段階に、死者を仏の弟子とする「授戒」と仏の弟子として教え導く「引導」が加わります。なお、授戒は生前すでに受けている場合は省略されます。

  1. 1. 序分:堂内に仏をお迎えし、加護護念を得ます。
  2. 2. 正宗分:仏の説法を聞き、仏弟子となった故人の往生極楽を願います。
  3. 3. 流通分:法要を終えたことを感謝して、仏を送ります。

「浄土宗葬儀の式次第」例

入堂 導師、式衆が入堂(入場)します。
香偈(こうげ) 香を焚きます。
三宝礼(さんぽうらい) 仏・法・僧の三宝に帰依します。
奉請(ぶじょう) 仏様に入場していただきます。
懺悔偈(さんげげ) 仏様に罪を懺悔します。
作梵(さぼん) 「四智讃(しちさん)」を唱えます。
引導下炬(いんどうあこ) 浄土宗の葬儀では、最も大切な儀式です。2本の松明または線香を持ち、1本を捨て、残りの1本で円を描き、下炬引導文を述べます。その後、念仏を十篇唱えます(十念)。
開経偈(かいきょうげ) 教義の真義を会得することを願います。
読経 「四誓偈」か「仏心観文」の経文を読経します。
念仏一会(転座) 仏様に救われたことに感謝し、数多くの念仏を唱えます。
総回向(そうえこう) 阿弥陀仏の功徳により往生を願います。
総願偈(そうがんげ) 仏道修行の四願を誓い往生を願います。
三身礼(さんじんらい) 阿弥陀仏への帰依を誓います。
送仏偈(そうぶつげ) 仏様を送ります。
退堂 導師、式衆が退堂(退場)します。

浄土宗の位牌

浄土宗の位牌には、最初に梵字が書かれているものがよく見られますが、これはキリークと呼ばれる字で、阿弥陀仏をあらわしています。

浄土宗の焼香

浄土宗の焼香は、回数に決まりはありません。額に押し頂き香炉にくべます。寺院によって違いがありますが、1回か2回が多いようです。

※葬儀の式次第、作法は地域や寺院によっても異なります。詳しくは寺院、または葬儀社に確認しましょう。

「いい葬儀」で対応可能な主要宗派

上記以外の各宗派にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。