キリスト教の葬儀・お葬式(キリスト教式葬儀)

キリスト教式葬儀は、カトリックやプロテスタントなど教派によって違いがあります。「いい葬儀」ではいずれも対応可能な葬儀社をご案内しますのでお気軽にご相談ください。

キリスト教式葬儀とは

キリスト教式葬儀

キリスト教式葬儀は、カトリックやプロテスタントなど教派によって違いがあります。
どちらも葬儀は、教会で行われることが多く、神父(カトリック)もしくは牧師(プロテスタント)が世話役や進行役を務めるのが一般的です。葬儀は、前夜式、葬儀・告別式の順に行います。また、仏式での法要はキリスト教式では、追悼ミサと呼びます。
祭壇は花祭壇を飾りますが、祭壇が無くても問題ありません。供花には名札を付けず、芳名カードにして入り口付近に置くのが一般的です。

キリスト教式葬儀ができる葬儀社、斎場・葬儀場をご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り

キリスト教式葬儀の流れ(葬儀・告別式)

一般的なキリスト教式葬儀の流れを紹介します。
それぞれの地域、教派、教会によって葬儀に対する考え方や式の内容は異なりますので、詳しくは教会や葬儀社に確認しましょう。

【 カトリック 】

  1. 祈祷
  2. 聖歌合唱
  3. 撒水(棺に聖水を注ぎます)
  4. 撒香
  5. 祈祷・神父の追悼説教
  6. 讃美歌合唱
  7. 弔辞・弔電の拝読
  8. 遺族代表挨拶
  9. 撒水
  10. 献花・讃美歌
  11. 出棺

【 プロテスタント 】

  1. 前奏
  2. 讃美歌合唱
  3. 聖書朗読
  4. 祈祷
  5. 讃美歌斉唱
  6. 故人の略歴披露
  7. 葬儀の辞(説教)
  8. 牧師の祈祷
  9. 讃美歌斉唱
  10. 弔辞・弔電拝読
  11. 後奏
  12. 遺族代表挨拶
  13. 献花

「通夜の集い」と「前夜式(前夜祭)」

仏式の通夜に当たるのが、通夜の集い(カトリック)と前夜式(プロテスタント)です。自宅、または教会で行われることが多いようです。
また、最後に遺族が参列者をもてなすことがありますが、いわゆる通夜振る舞いとは異なります。お酒や料理ではなく、お茶、軽食、お菓子などが振る舞われます。

献花は日本独特の風習?

本来キリスト教の葬儀は亡くなった人を供養するというものではありません。故人が生をまっとうしたことを神に感謝する礼拝の一環として行われるので、決められた形式もありません。ただし、実際には日本の習慣を取り入れ、納棺式や献花が行われているようです。お焼香の代わりに行う献花は、欧米では行わない日本独自の風習と言われています。
なお、神社の中で葬儀を行うことは、教義上の理由で一般的にありませんが、キリスト教の教会では葬儀は行われます。ただしキリスト教の教会で葬儀を行えるのは、その教会に所属する信者の方が原則です。

葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。