お見舞金に現金はマナー違反?金額の目安はどのぐらい?お見舞金はどんな時に持参するのか


仕事関係の人や親戚などが入院した際に渡す「お見舞金」。しかし、実際に渡すとなると、どのくらいの金額が良いのか?どのタイミングで渡すのがベターなのか?などお見舞金のマナーに関して疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?あまり頻繁に渡す機会がないものだからこそ、いざという時に相手に失礼にならないようにしておく必要があります。
そこで今回はお見舞い金に関して、相場や注意点などのマナーを詳しく紹介します。

 

お見舞金を持参するのはどんな時?

親戚や仕事関係の人が長期的に入院したときなどに持参するものがお見舞金です。相手が喜ぶものが何かわからないために、お見舞金という形で直接何かの役にたててもらおう、という考え方で渡すことが一般的となっていますが、見舞金を渡すとかえって相手に気を遣わせてしまうこともあるため、何か相手の喜ぶ品物を考え持参する方もいます。

また、どんなときでも持参して良いというわけではなく、手術後や体調の悪い時等は避けるようにして、手術後の体調が回復したときや比較的体調が優れているときなど、タイミングを見計らって相手の負担にならないときに持参するようにしましょう。

相手のことを第一に考えたマナーと節度を守ることを意識する必要があります。

 

お見舞金の相場はいくら?

お見舞金には相場があり、親戚、知人、仕事関係の人など様々なケースでお見舞い金の額が変わってきます

親戚の場合は5,000~10,000円程度、知人や友人、近所の方の場合は3,000~5,000円程度の相場となっています。さらに、親戚であってもお金の負担が大きい学生の場合は3,000円程度です。
また、仕事関係の場合は部下や同僚などで金額に差が出てきます。部下には5,000~10,000円、同僚には3,000~5,000円が相場となっています。上司の場合は目上の方に現金を渡すことが失礼とされるため、現金ではなく3,000~10,000円程の品物を購入してお見舞品を渡すようにしましょう。

しかし、これらの相場はあくまで目安であるため、自分の相手を思う気持ちが表れる品を渡すことが大切です。

 

お見舞金の渡し方と注意点

お見舞金を渡すときのマナー・注意点として、現金を包む袋や渡すタイミングなどを考慮する必要があります。

包み方としては、紅白の結びきりを使用した祝儀袋で現金を包みます。この結び切りには病気を繰り返さないで欲しいという願いが込められています。そして、表書きには御見舞やお見舞と記載します。また、病気が不幸な出来事だからといって、通夜や葬儀で使われる不祝儀袋で包むことは失礼に当たるため避けましょう。

渡し方ですが、相手の病状や自分を見られたくはないときに突然お見舞いに向かっては失礼になるため、事前にこれから向かう旨を本人やお見舞いに来ている親族等に伝えておく必要があります。さらに、お見舞いに訪れた際、あまり長居しては相手に負担をかけてしまう恐れがあるため、対面してすぐにお見舞い金を渡します。このとき、「お見舞い品の代わりに」など相手を気遣う言葉を忘れないことが大切です。

また、注意点として新札や4、6、9(海外では13も含めて)など不吉なイメージを連想させる金額を包まないようにしましょう。

 

喪中はがきで訃報を知った時に… 喪中見舞いを送ろう

喪中はがきにより訃報を知った方が年末になってから喪中見舞いを送るという新しい習慣が定着しつつあります。電報サービスを提供している株式会社ヒューモニーではこのような習慣に対応して、様々な種類の電報を用意した電報サービス「VERY CARD」を提供しています。さらに、電報以外に弔電台紙に少量の線香を添えて送ることができるオプションサービスなどもあります。これらのサービスは喪中の知らせを受けてから、なかなか喪中見舞いができない方でも利用できるよう、ネットでの手配が可能です。

このサービスの特徴として、100種類以上の商品と700種類のオリジナル文例や、ネットを通した申し込み、即日配達で全国の配達料が一律など利用者にとって負担が少なくなることが挙げられます。さらに、利用者側が安心して利用できる要素として、4万社以上の法人企業に利用され、累計1,000万通以上の電報を送った実績、総務省認可など信頼できる要素が豊富にあります。

2013年頃より定着し始めた香典を喪中見舞いとして送るという習慣により、このようなサービスは多くの方が利用しています。

 

お見舞金にまつわるマナーを知っておこう

お見舞金に関しては渡す相手と状況により金額面やかける言葉を選んで、相手の負担にならないことがマナーとして認識しておかなければならないことです。

また、喪中見舞いを送りたいと考えている方は、普段の忙しい中でも利用できる専用のサービスを行なっている企業が存在するため、自身の負担にならない程度で行うようにしましょう。
これらのお見舞金にまつわるマナーは相手を思う気持ちが前提となっているため、相手に失礼にならないようにマナーを意識しつつも、相手を敬っている気持ちを伝えることが最も大切です。


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。