はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

魔除けの矢「破魔矢」の意味と飾り方・処分の仕方

破魔矢とは、お正月や上棟式、初節句などの縁起物や厄除けとして神社やお寺で授与してもらい、お札と合わせて家に飾ることで知られる魔除けの道具です。この記事では、神様の力が宿るとされる縁起物、破魔矢について、その飾り方から処分の方法まで、ご紹介します。

破魔矢の由来や意味

破魔矢は、その名の通り「自分の身にかかる災いである魔を破り、幸せに暮らせますように」という願いを込めた縁起物です。特に1年のはじめである正月に飾ることが一般的な風習になっており、矢の持つ特性である「射る」という意味から、チャンスを射止めることにもご利益があると言われています。

破魔矢は、もともと日本で昔から正月に催されてきた、射礼や破魔打と呼ばれる占いがルーツです。これらの占いは、地域ごとに子どもを選び、ハマと呼ばれる的に向けて矢を放ち、それを上手く当てた子どもの地域がその年の豊作になるというものでした。そこからハマを討つ矢をハマ矢、矢を飛ばす弓をハマ弓と呼ぶようになりました。

この的当ての風習は次第に簡略化され、今日では神様の武器として、矢のみで縁起物とされることが多くなり、門松や鏡餅などと並ぶお正月の風物詩となっています。

破魔矢を飾るタイミングは?

破魔矢は通常、お正月に合わせて神社で授けてもらいます。ただし魔を破るという本来の意味からすれば、使う時期をお正月に限定させる必要はありません。例えば、5月5日の端午の節句は、古来より男の子の健康と成長を祈願する日となりますが、子どもの初節句に縁起物として贈るという風習もあります。

また最近は少なくなっているようですが、家を建てるときには、工事の無事と新居の安寧を祈る上棟式が行われます。そこでも将来の事故や不幸に繋がる魔を祓うために、破魔矢や破魔弓が使われることがあります。ほかにも事務所を開くときや、引っ越しをしたときなど、破魔矢を使うタイミングはいくつもあります。

祀る場所はどこがいい?

破魔矢は神様の武器ですから、家の中に神棚があるなら、そこに飾ることが一般的です。そのほか、一家を守るという意味ではみんなが揃う床の間や、外からの魔の侵入を防ぐという意味では、玄関に飾ることもよいとされます。
いずれにしても神様に関する縁起物ですから、明るく空気がこもらないような場所を選び、神様を見下ろすことのないよう、目線よりも少し高い位置に飾るようにしてください。神社からお札もいただいてきている場合は、それらを並べて飾るとよいでしょう。もちろん普段から周辺を綺麗に掃除しておくことや、倒れたり落ちたりしないよう、市販されている破魔矢立てを使うなどして固定することも必要です。棚の上に置く場合は、下に白い紙を敷くとより丁寧になります。

飾る方向には決まりがある?

破魔矢を飾る場合は、その方向をどのように置けばよいか?という点も気になります。これには諸説ありますが、どのような場合であっても、先端を上に向けるような置き方は禁じられています。これは、そのようにすると天に向けて矢を放つ形になってしまうからです。先端が下になるようにするか、あるいは寝かせた状態で飾るようにします。
では、寝かせた場合の向きはどうでしょうか?家を建てるときに行う上棟式の場合、鬼門と裏鬼門(現代の方位で言うと北東と南西)に矢を向けます。これは、それぞれの方位の魔から家を守るという意味になります。

破魔矢を飾る、2020年の方位は?

また、同じような考え方として、その年の凶の方位に矢を向けるという方法もあります。凶の方位とは、干支の正反対のことを言います。例えば2020年の干支は子(ねずみ)年ですが、子の方位は北だと言われています。凶の方位はその反対の南なので、そちらに破魔矢の先端を向けることになります。

破魔矢の返却・処分方法は?

破魔矢はお祀りした時期を問わず、長くても1年以内には新しいものに換えることがよいとされます。そのため、お祀りしてから1年経ったころ、もしくはお祀りしてから最初のお正月に、その他の縁起物と合わせて神社やお寺に納め、お焚き上げや焼納をしてもらいましょう。

破魔矢は、前の年にそれを授与された神社に納めることが原則ですが、もし事情があって行けない場合は、近くにある神社でも構いません。ただし、他の場所でいただいたものは受け付けていない場合もあるので、わからない場合は事前に確認するとよいでしょう。

まとめ

破魔矢には災いを及ぼす魔を破り、チャンスを射止めるという意味があります。神具ですから一般のお札同様に丁寧に取り扱い、時期が来たら神社やお寺にお返しする必要もあります。ただ、細かい扱い方や方位などは、宗派や地方によっても違いがあります。破魔矢をいただく神社やお寺に尋ねてみるとよいでしょう。

エリアを選択してください

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す