はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀に参列する際につけていくアクセサリー、真珠について

葬儀にふさわしい真珠とは、どのようなものでしょうか?真珠は一般的に、葬儀に参列する際のアクセサリーとして、マナー違反にはならないとされています。しかし、真珠の色や長さに加え、ほかの宝石でもよいのかなど、迷ってしまうポイントも多くあります。

失礼のない装いとして、女性はどのようなアクセサリーを身につけるべきなのか、詳しく確認しましょう。

葬儀に参列するにあたって、男性は黒いネクタイを着用します。女性は一般的に真珠を身につけることが多いですが、そもそも、それは本当に正解なのでしょうか。

一般的に和装の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーをつけないことがマナーとなっています。一方、洋装の場合のアクセサリーについては2つの考えがあります。

1つは和装同様、悲しみの中、つつましく営まれる葬儀にジュエリーは必要ではないという考えです。そしてもう1つは、弔事の場であっても何かしらのジュエリーを身につけるのがフォーマルのルールという考えです。実際のところ、どちらの考えが正しいと断定することはできないため、世代や地域の風習を考慮しながら判断する必要があります。

もしアクセサリーをつけるとすれば、華美ではなく清楚なイメージのある真珠のネックレスが、故人を敬い遺族の気持ちに添うものとして昔から一般的となっています。葬儀は失礼のないように気をつけたい場ですので、充分にマナーを理解したうえで臨席しましょう。

真珠のアクセサリーにもマナーがある

葬儀では華美にならないよう気をつける必要があります。ただし、華美なイメージのあるジュエリーの中において控えめな真珠は「涙の象徴」ととらえられているため、葬儀の場合でもマナー違反になりません。真珠は、遺族へのお悔やみの気持ちや悲しみを表す象徴として、葬儀に着用されるようになりました。

しかし葬儀で真珠をつける場合にも、失礼にならないよう気をつけるべきマナーがあります。

まず、葬儀につける真珠のネックレスは、1連のものに限られます。2連以上の場合は「不幸が重なる」ことを連想させるので、避けなくてはなりません。長さについても、悲しみが長引かないようにという意から、ロングタイプは避けたほうがよいとされています。

また一粒のネックレスは、チェーン部分がシルバーやゴールドのものが多く、マナー違反になる場合もありますので注意が必要です。珠の大きなものも華美な印象を与えますので気をつけてください。

真珠のピアスやイヤリングをつける場合は、揺れずに固定しているデザインのものを選び、金具部分は目立ちにくいシルバーなどの色にします。葬儀の場では、なるべく控えめなデザインを選ぶことが重要です。

葬儀につける真珠の色

葬儀でのアクセサリーに対しては、世代や地域、また個人によってもさまざまな意見があり、少しの違いでもマナー違反と感じられてしまうこともあります。

特に迷うのが、真珠の種類や色です。本真珠か淡水真珠かといった種類の違いは見た目では判断できないため、意識すべきポイントは色の違いです。

ネクタイの色の場合、白は慶事で黒は弔事となっていますので、真珠の場合も白真珠は慶事、黒真珠は弔事と誤解しがちですが、そうではありません。

まず、白い真珠の場合は、冠婚葬祭すべてに使えますので葬儀でも多く活用されています。一方、黒真珠については、色付き真珠が少しぜいたく品だという考え方もあり、華美なアクセサリーだとしてマナー違反という考えもあります。

しかし、一般的には、昔からの常識として白真珠のほうが多数派ですが、最近では黒真珠も増えてきているのが現状です。どちらもマナー違反とはなりません。

色付きの真珠の中で、黒やグレーであれば失礼に当たりませんが、ピンクやゴールドは華やかさがあり、葬儀には適していません。葬儀では遺族に対するお悔やみの気持ちが大切です。基本は冠婚葬祭で汎用的に使用できる白真珠を持っていたほうがよいかもしれません。

真珠以外のジュエリー

葬儀のときに身につけられる真珠以外のジュエリーとして代表的なものに「ジェット」があります。ジェットは海底に沈んだ樹木が長期間をかけて炭化したもので、1万年以上前から装飾品として使用されていたとの記録があります。

ジェットは、モーニングジュエリー(喪に服している間に身につける宝石)として、イギリス王室で用いられてきました。日本の皇室でも、女性皇族が葬儀のときに身につけられている黒いネックレスは黒真珠ではなく、イギリス王室に倣ったジェットといわれています。

そのほかにも、オニキス、黒曜石などの宝石も葬儀につけられることがありますが、これはヨーロッパの風習から来ているといわれており、日本ではあまり一般的ではないようです。

葬儀につけるアクセサリーに迷ったら、真珠、あるいはジェットを選べば間違いないでしょう。

まとめ

葬儀に参列する際に身につけるアクセサリーは、必ずしも必要ではありません。

もしつけるのであれば、白真珠、ジェット、黒真珠、グレー真珠となります。白真珠とジェット以外は諸説があり、マナー違反だと思う方もいるかもしれません。

急な葬儀で困った場合や、葬儀を出すのに予算が知りたいなど、葬儀についての悩みごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

3.5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す