はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お葬式で持つハンカチの色やデザイン〜マナー違反とならないために〜

お葬式には、服装や持ち物にさまざまなマナーがあります。お葬式に持っていくハンカチにも、基本的なマナーはあります。
今回は、ハンカチの色、素材、デザインで気を付けておきたいマナーをご紹介します。お葬式に参列する際に周りの方の気分を害さないよう、ハンカチにまつわるマナーをしっかりと押さえておくようにしましょう。

お葬式で守りたいハンカチマナー

ハンカチはお葬式において、故人をしのんで涙を拭ったり、手を拭いたりする際に使うものです。普段ハンカチを持ち歩かない方は、ハンカチをお葬式に持っていくのを忘れてしまいがちなので特に気を付けるようにしましょう。
喪服と同様に、お葬式で持ち歩くハンカチに関しても押さえるべきマナーがあります。基本的なお葬式のマナーとして、ハンカチの色は黒色または白色であれば問題はありません。白いハンカチが主流とされていた時期もありましたが、喪服の色に合わせて黒色のハンカチも許容されるようになりました。特に女性の場合であれば、座った時にハンカチを膝に乗せることもあるので、黒色のハンカチの方が喪服の色と同化して目立たないかもしれません。現在は、昔ほどマナーも厳しくないので、派手なものでなければ許容される風潮にあります。

ハンカチの色やデザイン

先述したように、葬儀の場にふさわしい色は、黒や白が基本となります。さらに、ふくさでよく用いられる紫も、マナー違反ではないとされています。ただ、原色などの目立つ色は控えた方がよいでしょう。
もともと、葬式では白いハンカチを持つことがマナーとされてきました。それは、故人が白装束をまとうことからきています。また、神聖な儀式は、日本古来より白い衣装が用いられてきました。そのため、白とはかけ離れた原色を葬式の場において身に着けるのは、ふさわしくないといわれています。

ハンカチのデザインについては、無地が基本です。ただし、最近ではレースがあしらわれたものなど、多少の装飾であれば許容されるようになってきました。とはいえ、柄が入っていなくても、ラメが入ったハンカチは持っていかないようにしましょう。華美なものや装飾の派手なデザインのハンカチは、故人を見送るお葬式の場にふさわしくありません。
おすすめのハンカチ素材ですが、綿、麻、ポリエステルの3つが挙げられます。これらの素材からできたハンカチはフォーマルな場でも失礼がなく、吸水性も高いため、快適に使えます。

また、お葬式では避けておいた方がよい素材も存在します。タオル生地はフォーマルさを欠き、くだけた印象を与えてしまいます。また、シルク生地は光沢があるので、お葬式には不向きなものと感じる方もいます。

ハンカチの持ち方

ハンカチの持ち方は、女性と男性で異なります。女性は、スーツもしくはカバンの中に入れるようにしましょう。できれば、スーツのポケットに入れた方が、音が立ちにくいのでよいかもしれません。

男性はカバンを持たないので、ポケットにハンカチを入れます。注意点ですが、ハンカチはズボンのポケットに入れるようにしておきましょう。ポケットチーフは、海外ではお葬式の時も認められていますが、日本では異なるためです。

真夏の葬式でのハンカチマナー

先ほど、タオル生地のハンカチは、フォーマルさに欠けるので避けた方がよいということをお伝えしました。ただし、真夏に葬式が執り行われる場合など、喪服を着ていると汗をたくさんかくので、タオル生地のように吸水性が極めて高いハンカチが必要な時もあります。もし、タオル生地のハンカチが必要だと判断するのであれば、あわせて綿、麻、ポリエステル、いずれかの素材でできたハンカチも持つようにしましょう。

子どもが持つ場合

お通夜やお葬式に持っていくハンカチは、大人だけでなく子どもにも、黒や白といった落ち着いた色合いのものを持たせるようにしましょう。ただ、大人よりも若干マナーは緩いので、色柄が目立ちすぎないものであれば問題ありません。普段使いのようなキャラクターものやロングタオルは避けた方が良いでしょう。また、子どもは男性と同様にカバンを持ち歩かないので、服のポケットにハンカチを入れるようにしましょう。ポケットが付いていないのであれば、親のカバンやポケットに入れて、必要に応じて手渡してあげましょう。

まとめ

今回は、お葬式で守りたいハンカチのマナーをご紹介しました。何度かお葬式に参列している方でも、意外と知らなかったマナーがあったのではないでしょうか。故人との別れの場であるお葬式は、きちんと執り行いたいものです。
また、マナーだけでなく葬儀の事前相談などに興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す