はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

奉書紙とは?弔辞や香典など葬儀の大切な場面で使われる和紙について

奉書紙は、弔辞を書いたり香典を包むのに使われたりと、葬儀に関する場面で使われることが多い紙です。普段あまり馴染みがないので、どんな紙なのか、どのように扱えばいいのか分からないという方が多いのではないでしょうか。今回は、奉書紙の特徴や、正式な使い方など、いざという時のために知っておきたい奉書紙についてご紹介したいと思います。

奉書紙は和紙の種類の一つで、最高級の公用紙として使われているものです。日本の長い歴史の中では「御教書紙」とも呼ばれていました。奉書紙の由来は室町時代まで遡ると考えられており、幕府が公文書に用いる紙として採用されていました。そのため、命令書の意味で「奉」書と名付けられたとのことです。当時は、和紙を作るときの原料には楮が多く使われていたため、楮を使って作られた白い厚手の和紙を奉書紙と呼んでいました。

数ある生産地の中でも、福井県で作られている奉書紙(越前奉書)が特に有名です。そして江戸時代には、浮世絵版画用の紙としても使われました。現在では、科学パルプを使い大量生産されていますが、手漉きの奉書紙とは全く手触りが違います。

 

時折、奉書紙と和紙・半紙を混同する方がいますが、厚みも使用目的も違うものです。半紙とは書道で使う和紙のことを指す場合が多く、和紙の寸法の標準規格であり、用紙の大きさを表すときに使う呼び方です。横25cm、縦35cm程度の大きさで販売されています。半紙の名前の由来には、伝統和紙である杉原紙(全紙)の半分という説と、平安時代に定められた和紙の大きさの半分という説があります。

奉書紙は弔辞を書く用紙に使われたり香典やお布施を包むのに使われたりする用紙です。

A4やB5、巻紙タイプなどさまざまなサイズがあり、弔辞を書く際には大きめのサイズ、現金を包むには少し小さめのサイズが選ばれています。

奉書紙で香典やお布施を包むには

奉書紙を使って現金を包むのが正式なマナーです。まず、半紙でお札を包みます(中包み)。このとき、つるつるした面(表)が外側になるようにしましょう。斜めにした半紙にお札をのせて横に二つ折りにした後、輪の部分を下にして左右三つ折りにします。最後にお札の部分を上へ折り返し、上の先端を下に折りたたみます。この中包みにも、送り主の氏名や金額などを書いておきます。その後、中包みを奉書紙(上包み)1枚で包みます。

奉書紙で現金を包むときには注意したいことがいくつかあります。先ほど少し触れましたが、まずは紙の裏表に気をつけます。つるつるした表の面には文字がきれいに書けるのですが、ざらざらした裏面は文字がかすれてしまいます。それから、用途による折返しの間違いなどが起きないように十分に気をつけましょう。

 

お布施は不祝儀ではないので、法事で僧侶にお布施を渡す際の上包みは慶事の折り方で折ります。上側の折返しに下側をかぶせる折り方です。香典を包む際は反対に不祝儀の折り方をします。以前は慶事には新札、弔事にはそうでないお札を使うとされていましたが、極端に使用感があるお札は弔事でも避けたほうがいいかもしれません。新札の場合には、少し折り目をつけてから弔事に用いるといいでしょう。

そして、包んだときのお札の向きにも注意が必要です。奉書紙で包んだ後にお札を縦にしたとき、お札に印刷された顔が上にあれば正解です。

奉書紙に弔辞を書くには

葬儀の際に弔辞を依頼されるのは、故人と深い関わりがあったことを意味します。ご遺族から依頼されたら、快く引き受けたいものです。しかし、弔辞を書く機会はあまり多くないので手順に迷ってしまうことがあるかも知れません。

弔辞を書くときは、大判の奉書紙または巻紙を使い、薄墨の毛筆縦書きで記入します。このとき、右端から10cmくらい余白を開けて書きましょう。行間も、開け過ぎではないかと思うくらい開けて書いた方がきれいに見えます。弔辞を書き終えたら、最後に書いた署名から文の先頭に向けて折りたたんでいきます。

折りたたんだら、書いたものと同じ奉書紙を使って包みます。弔辞を三つ折りで包めるくらいの長さに奉書紙を切り、切った奉書紙の真ん中に弔辞を置いて、右・左・上・下(裏側へ折り込む)と折ります。その後、表に「弔辞」と書くのが正式な流れです。弔辞は、葬儀の後ご遺族が保存されるので、丁寧な字で書くようにしてください。

>>弔辞とは。書き方、文字量、文章構成、包み方から注意点まで

奉書紙の販売価格と販売場所

奉書紙は、大型の文房具店のほか書道用品を扱っている店、デパート、紙の専門店、通信販売などさまざまな場所で売られています。販売場所によって、取り扱っているサイズや厚み、価格などがかなり異なりますが、一般的なものですと、A4サイズ100枚入りで1,000円から3,000円位が相場です。

奉書紙を普段から買い置きしておくことは少ないかと思いますが、急遽必要になるケースが多いです。どの店でいくらくらいの値段で売られているかは日ごろから気にかけておくといいでしょう。

まとめ

奉書紙の使い方について、その歴史も織り交ぜながらご紹介してきました。現代では、既に形ができあがった香典袋が市販されていて弔辞も白い便せんに書く人が増えていますが、その中で奉書紙を使うことは日本の伝統を残し故人に敬意を表する意味でも大変意義のあることです。

奉書紙の使い方が分からない、どんなものを選べばいいのか迷ってしまう、そんなお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す