お別れの会(偲ぶ会)・無宗教葬・ホテル葬

お別れの会とは?

社葬・個人葬・合同葬・団体葬 宗教者を招かずに、宗教色を抜いた自由な形で行う葬儀を総称して「無宗教葬」と呼びます。葬儀というよりも、告別式、追悼式というべき形式で、焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、音楽を流すなど、宗教から離れた自由な形で行われる葬儀です。

無宗教葬にも様々なかたちがありますが、ここ最近よく聞かれるようになってきたのが「お別れの会」です。お別れの会とは、主にホテルやレストランなどを会場として行われる告別式のことを指します。通常、ホテルでは遺骨の持ち込み、焼香、読経などが許されない場合が多く、葬儀に際して参列者・主催者ともに喪服を避け平服を着用するなど、「お別れの会」は、宗教色のある葬儀とは違ったパーティー的な形態が一般的です。特に企業や団体の葬儀など、会葬者の多い葬儀では「お別れの会」が行われることが多くなっているようです。
なお、お別れの会と似た言葉に「偲ぶ会」という言葉もありますが、亡くなってから14~50日以内に行われる会を「お別れの会」と言い、一周忌以後に行われる会を「偲ぶ会」と呼ぶことが多いようです。また、特にホテルで行われる場合は、「ホテル葬」とも呼ばれます。

一般的に、「お別れの会」においては、故人が亡くなった直後にご遺族の主催で近親者のみが参列する密葬が行われます。その後、本葬の代わりに故人の追悼会として「お別れの会」が行われるというのが流れです。
近親者のみで落ち着いて故人と別れの時を過ごせる「密葬」と、大勢の会葬者にお別れの機会を提供できる「お別れの会」を分けて行うということは、メリットもありますが、遺族にとっては葬儀を2度行うことになるため負担となります。そのため、「お別れの会」は、社葬や団体葬では普及しているものの、一般の方の葬儀では、まだあまり行われてはいないようです。

社葬・お別れ会の相談なら「社葬.com」

お別れの新しいカタチ「ストーリー」

葬儀で失敗しないために「事前準備」がおすすめ

葬儀の準備を生前にするなんて……と思われるかもしれませんが、
最近は事前に準備する人も増えています。

事前準備のメリット

お葬式だと分からない封筒でお届けします
無料申し込みはこちら
  • ❶ もしもの時に慌てず対応できる
  • ❷ 葬儀見積りすることで、葬儀費用の目安がわかる
  • ❸ 葬儀の流れがわかる
はじめての葬儀で必ず役立つ葬儀安心読本をプレゼント!

葬儀社と会う前に整理しておくと便利なこと、葬儀の見積書を見る前に、お香典で賄うお葬式など
はじめての葬儀に役立つ葬儀安心読本をプレゼント。

葬儀の費用はどれくらいかかるの? どんな準備をすればいいの?

葬儀の相談をしてみませんか?

葬儀に関する相談してみませんか? 葬儀について何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談を受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

相談無料

0120-393-100

電話相談・メール相談・資料請求

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」