はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀につけていくネクタイについて

ネクタイとは、さまざまな場面で主に男性が使用するアイテムのことです。葬儀には適切な服装が望まれますが、このネクタイにもルールがあります。

今回は、葬儀におけるネクタイのルールを解説します。必ず黒でなくてはいけないのか、また、葬儀でのネクタイの結び方についてなど、さまざまな疑問について解説しています。ぜひ、参考にしてください。

結婚式では、新婦側の友人はドレスの色に白を選ぶのはマナー違反です。このように冠婚葬祭の際は常に服装に気をつかうことが重要になってきます。

お祝いの場であれば少しの違和感は許される雰囲気もありますが、葬儀の場合は厳かな雰囲気の中、式が執り行われます。不謹慎と取られることのないよう、注意が必要です。

葬儀の場は、故人を偲ぶ大切な儀式です。周囲に不快な思いをさせてもいけません。そのような意味でも、葬儀における服装は重要です。

葬儀には何色のネクタイをすべき?

葬儀の場合、男性はスーツを着用します。しかし、中学生や高校生の場合、わざわざあつらえた喪服を着なくても、制服でよいとされています。もちろん、紺や青といった色のあるものでも制服であれば、問題ありません。

大学生以上の男性が参列する場合は、黒のスーツを着るのが一般的なマナーとされています。

靴下やカフスも黒で統一して、ネクタイも黒いものにしてください。黒のフォーマルスーツに黒のネクタイが葬儀の基本であり、喪に服す気持ちを表す服装です。

黒のネクタイを選ぶ場合に注意したいのは、柄物であったり、光沢があるものは葬儀にはふさわしくないということです。一番よいとされているのは、黒無地のネクタイです。

葬儀におけるネクタイの結び方

ネクタイと聞いて、やはり気になるのは、葬儀の場に適した結び方があるのかという点です。実は、葬儀におけるネクタイの結び方には、特に決まったルールは存在しません。しかし、やはり悲しみの場であることをわきまえ、あまり派手になりすぎたり、個性的すぎる結び方は控えるべきだといえます。

特に変わった結び方でなければ、構いません。ネクタイを着用して会社に行かれるような方であれば、いつもの結び方でよいでしょう。

基本的な結び方には、シンプルなプレーンノットやダブルノットなどがあります。そのほかにも結び方のバリエーションはいくつかありますが、シンプルという観点からいえば、プレーンノットが葬儀にはふさわしいといえるでしょう。

ただし、気をつけたいのは、ディンプルをつくらないことです。ディンプルとは、結び目の下につくるくぼみです。これがあると、全体的に引き締まって見えますが、ファッション的な着こなしになるので、葬儀では控えた方がよいかもしれません。

葬儀でのネクタイピンについて

ネクタイピンについては、基本的には葬儀の場にしていくべきではないとの意見が大勢を占めています。ネクタイピンは光る素材のものが多く、アクセサリーと同じに見えてしまうためです。

しかし、ネクタイピンは必ずしも失礼にあたらないとの意見もあります。

ただし華美なものは避け、なるべく地味で光沢の少ないものを選択するとよいでしょう。

このようにネクタイピンに関しては、二つの意見がありますので、心配な場合は、つけていかないほうが無難ともいえます。

ドレスコードよりも偲ぶ気持ちを大切に

葬儀で最も大切なのは、故人を偲ぶ気持ちです。急な不幸に悲しみ、喪に服している気持ちを込めて、故人に手を合わせることが重要なのです。着用するネクタイも同じ思いが込められていて、故人を偲ぶ心の象徴として黒いものを着用します。

葬儀のときは、服装に注意してから参列する必要がありますが、通夜の場合は少し意味合いが変わります。喪服など完璧に準備していなくても構わないというのが一般的な考え方です。

それは急な不幸である=故人の死を待つようなことをしていなかったという、気持ちを表現することにもつながります。着のみ着のまま駆けつけるという言葉が意味するように、服装を気にしすぎることだけが、故人への気持ちの表し方ではありません。

故人との関係性や、不幸を知らされたタイミング、ご自身の生活などさまざまな背景に応じて、そこに適した服装を考えることが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。葬儀におけるネクタイは、無地の黒が一番よいとされています。礼服とともに、ひとつ持っておくと、急な葬儀の場合でも慌てずに済みます。葬儀にふさわしい服装はありますが、一番重要なことは、故人を偲ぶ気持ちです。

葬儀について、不安な点やご予算のこと、ご相談などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す