グリーフケアとは?その意味や方法

グリーフケアは、遺族の複雑で深刻な心の状態を理解して寄り添うことで回復のサポートをする取り組みです。死別した遺族はやがて大きな衝撃から立ち直って自分の日常を取り戻し、新しい人生を切り開きます。

ただすぐに立ち直るわけではなく、さまざまな段階を行ったり来たりしながら時間をかけて徐々に回復していきます。ケアする人も遺族自身も、時間をかける必要があることを知った上で、焦ることなく立ち直っていくことが必要です。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

グリーフケアの意味とは

グリーフは英語で、「死別などによる深い悲しみ」「悲痛」を意味しています。身近な人などの死別に遭遇すると、人は大きなショックや深い悲しみに見舞われます。多くの場合、傷ついた心は時間が経てば癒えますが、自分一人で乗り越えようとすると時間がかかったり、あまりの辛さにとても乗り越えられなかったりすることがあります。

また、以前は大家族や地域社会の中で自然と癒やされていったものですが、社会の変化によって、心の傷を自分一人で抱え込んでしまう方が増えてきました。深い悲しみを周りの人と共有できないと、社会的にも気持ちの上でも孤立してしまうことが考えられます。

時には自殺や犯罪による死というように、ただでさえ苦しい状況に、さらに複雑な問題が加わることも起こり得ます。理解者がいないと、場合によっては適切なケアなしに一人で乗り越えることが困難になり、「複雑な悲嘆」と呼ばれる病的な状態に陥ってしまうこともあります。

こうした遺族の心を適切にサポートし、悲しみを乗り越える助けになるようケアすることをグリーフケア、またはグリーフサポートと言います。人が亡くなった場合だけでなく、ペットを亡くすなどして大きな喪失感に苦しんでいる人をケアすることもグリーフケアに含まれます。

グリーフケアの方法

グリーフケアに明確な方法はありませんが、悲しい感情を吐き出すことができるようにサポートするのが目的です。

グリーフケアは「このようにする」と方法が決まっているわけではありません。傷ついた心を癒やす効果があると言われるものや行動を総称して、グリーフケアと呼んでいます。

例えば通夜や葬儀といった儀式の際、悲しい気持ちを心の中にしまい込んで苦しむ方がいらっしゃるので、きちんと死と向かい合って感情を吐きだすことができるようサポートするのはグリーフケアの一つです。

また、故人との思い出の品や墓などを心のよりどころとして悲しみを和らげるようにするのもグリーフケアです。遺骨を加工してアクセサリーやオブジェを作ることもできますので、そういった工夫をして遺骨を手元に置いておくことを提案するのもよいでしょう。

そうはいっても、人の心をケアするのはなかなか難しいものです。近年はグリーフケアの専門家が増えてきていますので、遺族にそういった専門家を紹介するのも一つの方法です。

死別した遺族がたどるプロセス

ケアを考える以前に、大きな出来事に遭遇した遺族は次のような心理的プロセスをたどることを知っておく必要があります。

感情のプロセス

まず、ショック期です。この時期は心が麻痺してしまうため、大切な人が亡くなったという事実を認めることができない場合もあります。次に故人に会いたいという切望や、落ち込みや悲しみがやってきます。故人がまるで生きているような感覚を覚えることもあります。

そして、罪悪感や怒りといった複雑な感情が湧き上がる、混乱と絶望もやってきます。この段階では、眠れなくなったり悪夢を見たり、人と会うことができずに引きこもったりしてしまう方もいらっしゃいます。また、命日や故人との思い出の日、記念日といった特別な日にはことさらに感情の揺れ幅が大きくなることがあります。これを「記念日反応」と言います。

こうしたプロセスを経て、回復の段階がやってきます。悲しみや苦しみを超えて、亡くなった人がいないことを受け止め、自分の新しい役割や生きがいを見つけていく時期です。

これらのプロセスは必ず順番に進んでいくというものではなく、それぞれの段階を行ったり来たりしながら徐々に進んでいきます。

故人の年齢や亡くなり方、残された遺族との関係性などによって、回復までの時間の長さや道のりは異なりますが、手っ取り早く回復するということはできず、必ず苦しい段階を通る必要があります。

自分が遺族となった場合

自分が遺族となった場合も、グリーフケアの知識を持ち、自分の感情の変化を受け入れることが大切です。

自分自身が遺族となった場合も、こういった知識を持ち、自分に起こっている感情の揺れが異常ではないと知ることで、心を平穏に保ち、落ち着いて回復を待つことができます。また、周りの人に説明することで傷ついた心を癒やすこともできます。

自分の感情を受け止めてくれる人のいるところで、十分に気持ちを表現することも必要です。遺族は自分でも驚くような複雑で激しい感情に振り回されることがあります。そういった感情を家族に話しにくい場合は、遺族の自助会に参加するのも一つの方法です。

同じ立場の遺族だけで気持ちを伝え合う自助会では、人に言えないような本音を話すことができます。そして、立ち直るために人の力を素直に借りることで、心の回復を早めることができます。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す