はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

孤独死は発見された後どうなる?孤独死から葬儀の流れ

孤独死とは、誰にも看取られることなく一人で死亡することを指します。日本では核家族化や高齢化が進み、家族の形の変化と共に一人暮らしの人が増えました。また昔に比べると近所づきあいなども少なくなっています。このような状況で孤独死は大きな社会問題になっています。この記事では、実際に孤独死した人が発見された場合、どのような流れで葬儀などが行われるのかお伝えします。

孤独死が発見されるきっかけは、亡くなった人の遺体が腐敗する匂いで近所の人が気づいたり、死後に家族が訪れて発見に至ります。近所の人から管理会社などへ通報されることで発覚するケースも多々あるといわれます。

 

>>【孤独死・孤立死について】より深刻なのはどっち?予防策はあるの?

孤独死の発見後の対応

孤独死と思われる状況で、倒れていて動かないけれど、亡くなっているかどうかはっきりとは分からない時にはすぐに救急車を呼びます。救急車が到着したら救急隊員が生死を確認し、生きていれば病院に搬送するか、事件などの可能性があれば警察への通報などの処置をしてくれます。警察が来るまでは現場のものに手を触れないようにして待ち、警察の到着後はその指示に従います。

発見された人の体がすでに腐敗して匂いを放っているなど、明らかに亡くなっている場合は警察に連絡します。事件による死亡なのか病気などで自然に亡くなったのかが問題ですが、警察が来て遺体の検案を済ませるまでは不審死としての扱いになります。発見者が大家さんであれば、次に家族や保証人などに連絡して以後のことについて話し合います。

警察の現場検証・遺族への連絡

警察が到着した後は検死課による現場検証が行われます。家宅捜索も行われて金品などは一時的に没収されます。この時は住宅管理の関係者をはじめ部外者は立ち入ることはできません。

警察による遺族への連絡

検死によって身元がすぐ判明したらすぐに死体検案書と遺体を遺族に渡すことができます。警察が公的書類や契約書などから遺族関係を調べ、親子、兄弟、そして親戚などへ血縁関係の近い順に連絡をします。すぐに身元が分からない場合はDNA鑑定なども行います。身元がすぐに判別しない場合は遺体は専用の保管庫にて保管します。保管料は一泊2,000円程度が相場で、遺族に請求されます。

しかし、孤独死の場合、親族が見つからないケースも多く、さらに親族が発見されても引き取り拒否されることもあります。

遺族が遺体を引き取る場合

親族がいて引き取りが決まった場合には、遺族の手によって葬儀や遺品整理が行われます。遺族は警察から状況について説明を受け、家宅捜索の時に一時没収されていた金品や住居の鍵などを受け取ります。

また、遺体を保管してある葬儀社の情報も受け取ります。この段階で遺族は遺体を安置する場所や、遺体を運ぶ手段などを検討する必要があります。

火葬から帰郷まで

その時の状況にもよりますが、孤独死した遺体は引き取ってすぐに現地で火葬することが多く、お骨の状態で帰郷することが一般的です。
公営の火葬施設を使用した場合、住民登録している自治体の方が費用が安く、他の地域に搬入すると割高になるという事情があります。
遺体を搬送する場合は一般車両で行うことができず霊柩車を手配する必要がありますが、遠距離になるとその費用がかなりかさみます。
このように霊柩車の費用や、発見までに時間がかかった場合は腐敗が進んでしまっていることから、衛生上すぐに火葬する必要があるからです。

 

>>遺体の搬送とは?遺体搬送の流れと搬送料金

遺族が葬儀を行う場合

喪主を決定して葬儀を行うのは、一般的な葬儀と変わりありません。金銭トラブルや、遺族の中でも遺族となることを引き受けた人とそうでない人が分かれる場合のトラブルが起こることもあります。

遺族がいない場合の葬儀

遺体を引き取る遺族がいない場合や全くの身元不明である場合は、「行旅病人及行旅死亡人取扱法」という法律によって地元自治体が火葬します。遺骨についても誰も引き取り手がない場合は、その後一定の保管期間を経て、そうした人たちが埋葬されている「無縁塚」に埋葬されます。
まずは自治体の費用により火葬などが行われ、かかった費用は法定相続人や扶養義務者などに後から請求されます。

孤独死と葬儀以外にも必要なこと

遺族となることを引き受けた人は、火葬や葬儀の他に、遺品整理や諸手続きを済ませることが必要です。

遺品整理などの負担は亡くなった時の部屋の状況によります。発見までの日が浅い場合は遺族だけで片付けを済ませることも可能ですが、かなり経ってから発見された場合は特殊な清掃業者の手を借りなければいけないこともあります。また、賃貸の契約や電気ガスなどの公共サービス解約といった各種手続きも行わなければいけません。

まとめ

孤独死した人は、引き受け手がなく自治体により火葬されて無縁墓に埋葬されることもあれば、遺族が遺体を引き受けて葬儀を行うこともあります。遺族が行う場合は葬儀や埋葬の仕方に違いはありませんが、遺体がひどく損傷した状態である場合や遺族の住所地と違うところで亡くなった場合は気をつけなければいけないこともあります。
葬儀について不明なことやご相談されたいことがある方は気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す