真言宗の葬儀・お葬式

真言宗は、大日如来を根本におく密教です。身(手に印を結ぶ)、口(真言を唱える)、意(心を静めて三昧の境地に入る)の三つの働きで即身成仏できるという教えです。
真言宗の葬儀はこの世で身に付いてしまった罪科を取り除き弥勒菩薩の浄土に死者の命を帰すという考え方です。
また、真言宗には弘法大師空海の開いた高野山金剛峰寺に総本山を置く高野山真言宗、大和長谷寺、東京・護国寺の真言宗豊山派、京都智積院の真言宗智山派などさまざまな宗派があり、葬儀の流れや作法にもそれぞれ違いがあります。

真言宗の葬儀ができる葬儀社、斎場・葬儀場をご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り

「真言宗葬儀の式次第」例

入場 導師、式衆が入場します。
洒水(しゃすい) 洒水器を使用し柩に法水を振り掛けます。
加持 手に印契を結び金剛杵を用いて、真言を唱えます。
三礼・剃髪 仏法僧に帰依し、故人の髪を剃る真似をします。
受戒 故人に戒律を授けます。
表白(ひょうびゃく) 仏をたたえ、諸仏の教化(きょうけ)を願います。
引導 引導を渡し、偈を三遍唱えます。
御引導大事 弘法大師引導の印、偈文、真言を授けます。
血脈 真言密教の血脈を授けます。
六大印 真言を授けます。
諷誦文(ふじゅもん) 諷誦文を唱えます。
後讃 鉢をつきます。
読経 真言・陀羅尼、回向を唱えます。
退場 導師、式衆が退場します。

※真言宗の経の中で最も有名なのが「光明真言」です。光明真言は、葬儀の最後に僧侶が唱えます。

※光明真言「オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニ ハンドマジンバラ ハラバリタヤ ウン」大日如来をたたえ光明をお願いするとの意味です。

真言宗の焼香

焼香の回数は、額に押し頂き3回行います。3回の意味は仏法僧に帰依するためといわれています。

※葬儀の式次第、作法は地域や寺院によっても異なります。詳しくは寺院、または葬儀社に確認しましょう。

真言宗の位牌

位牌の一番上に梵字(サンスクリット)で「阿」が書かれています。この「阿」は、大日如来と生命をあらわし、葬儀では、この大日如来の「阿」に還ることを目的としています。それは、故人を弥勒菩薩が治める都率天(とそつてん、都率浄土)に往生することです。葬儀では、法具である金剛杵(こんごうしょ)などを使用し、密教の作法をとり行います。

※葬儀の式次第、作法は地域や寺院によっても異なります。詳しくは寺院、または葬儀社に確認しましょう。

「いい葬儀」で対応可能な主要宗派

上記以外の各宗派にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。