はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【注目】生活保護家庭過去最多更新・・・もしもの時の福祉葬ってどんなの?

厚生労働省が、生活保護家庭が2015年10月時点で163万2,321世帯になったと速報値を公表しました。

世帯類型別世帯数(保護停止中を除く)では、高齢者世帯が49.4%と半数近くになっています。

 

厚生労働省は6日、全国で生活保護を受けている家庭は昨年10月時点で163万2321世帯となり、過去最多を更新したと発表した。前月から2723世帯増えた。受給者数は216万6019人で、前月に比べ2435人増加した。

引用元:生活保護家庭、最多の163万世帯 15年10月時点-日本経済新聞 

生活保護とは?

生活保護制度というのは、生活に困っている人に対して、程度に応じて必要な保護を行う制度です。

世帯単位で行い、相談や申請の窓口は、住んでいる地域の福祉事務所(市(区)部では市(区)が、町村部では都道府県が設置)の生活保護担当です。

 

もしもの時には、お葬式の扶助が受けられる?

生活保護を受けている世帯の方が亡くなり、葬儀費用を出すことができない場合には、生活保護法第18条に基づいて葬儀の費用を受けることができます。

これを葬祭扶助といい、これによって行われる葬儀を「福祉葬(ふくしそう)」、または「生活保護葬(せいかつほごそう)」などといいます。

 

葬祭扶助で支給されるのは?

葬祭扶助で支給されるのは次の4つにかかる費用です。

  • 検案(医師が死亡を確認して、死因などを判断すること)
  • 搬送(病院から自宅や安置施設、火葬場などに遺体を運ぶこと)
  • 火葬または埋葬
  • 納骨

一例をあげると、病院から安置場所、火葬場への移送や棺、骨壺などにかかる費用で、お坊さんの読経や戒名授与など、宗教的な儀式はありません

 

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.67/5 (6)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す