【お通夜のマナー】女性の服装にスーツはOK?インナーは?【身だしなみ】

2018年8月23日

通夜は「服装にかまわず、駆けつけました」との意味で、地味な平服でかまわないとされています。

むしろ、喪服で参列すると、死期を予期してあらかじめ用意していたかのように思われる場合がありますので注意が必要です。

最近は通夜だけに参列し、葬儀には出席しない場合に、礼を尽くすため喪服や礼服で出席する場合も増えました。

職場からそのまま駆けつける場合は、通勤着でもよいとされていますが、女性の場合、派手な服装のときは黒いシャツやカーディガンなどを間に合わせで購入して着替えましょう。

インナーなども派手なものを避けるなど、細かいところまで気を配りましょう。

 

一般参列者が和装で参列しても大丈夫?

着物が主流であった昔は、普段から地味な色の着物を用意しており、通夜に着ていくことが一般的でした。

現在はそのような着物を準備していることが少ないので、通夜の服装は洋装が一般的になっています。

通夜に訃報を聞いて一般の参列者として参列する場合は地味な服装であればよいとされています。

地味なワンピースやスーツ、アンサンブルのほか、黒のスカートとブラウスなどを着用するといいでしょう。

和装の場合は準喪服と言われる色無地一つ紋または三つ紋付きの長着を着用しましょう。

帯や帯締めは黒を、長襦袢と半襟、足袋は白、草履やハンドバックは黒にするといいでしょう。

 

黒服から派手なシャツが見えたらマズイ

インナーは、男性の場合は白いワイシャツを着用しますが、女性の場合は黒や紺、グレーなどのダークカラーが好ましいです。

決して、派手な色のシャツは着用しないようにしましょう。

周りが皆地味な服装の中で、派手なシャツは目立ってしまいます。通夜は故人を偲ぶ儀式ですから、細かいところまで気を使って、派手さを控える必要があります。

マナー本で下着まで指摘することは多くありませんが、夏服の場合、生地が薄いので光の当たり方によって、下着が透けて見えてしまうこともあります。

下着の色も黒色やベージュ、白色など地味な色にし、レースやビーズ付などの派手さやエレガントさはないものを身につけておくと安心でしょう。

 

マニュキュア

 

アクセサリーやメイク、爪の色にも気をつける

アクセサリーは基本的に外しますが、結婚指輪や白または黒のパールは身につけてよいことになっています。

ネックレスは黒か白で、一連のみ可能です。不幸が重なるとして、二連や三連のネックレスは使えません。

靴やバッグなども含めて、ビーズやエナメル、金具など光沢のあるものが付いているものは控えます。

洋服に金ボタンが付いていないか、ベルトのバックルが光っていないかなど、細かいところも注意して確認しましょう。

通夜に参列するのにおしゃれは必要ないので、メイクも薄化粧にし、口紅やチークも薄めにします。

香水もつけないのがマナーです。

ネイルは派手な色は厳禁です。

除光液で落とすか、つけるとしても透明かごく薄いピンクやベージュ系の色にしましょう。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。

また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。