はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

DIAMOND☆DOGS 森新吾さんお別れの会~白い星は永遠に~。5月7日博品館劇場で

ヴォーカル&パフォーマンスグループ「DIAMOND☆DOGS」の森 新吾(もり しんご)さんのお別れ会が2019年5月7日、東京・銀座の博品館劇場で行われました。ダンサー、振付家、演出家として活躍した森さんが、かつてDIAMOND☆DOGSとして初舞台を踏んだ博品館劇場は、その早すぎる死を悼み、お別れを告げに訪れた多数の関係者やファンで埋め尽くされました。

お別れ会の発起人は、森さんが所属する株式会社ミュージック・ヒロ代表取締役社長、北野ひろしさん。施行は株式会社鎌倉新書が運営する「Story」が執り行いました。

舞台上に星の祭壇

博品館劇場の舞台上にはDIAMOND☆DOGSのロゴをかたどった祭壇。中央の「☆」の中に、森さんが輝いています。

2019年5月9日~13日には、この博品館劇場の舞台で、森さんが作・演出を務める演劇プロジェクト・アクトカンタービレの第2弾公演「GOLDEN LEMONADE」を控えていました。

メモリアル映像でたどる森新吾さん足跡

開会に先だち、会場のスクリーンには、在りし日の森さんの姿が映し出されました。このメモリアル映像は、故人が最も敬愛し、尊敬していたダンサーであり、アクターだった植木豪さんがプロデュース。映像作家、佐々木章介さんが制作しています。

また、ロビーには森さんのパネルや愛用の品々が飾られ、訪れた人々は故人に思いをはせました。

哀悼の言葉&DIAMOND☆DOGSオリジナルソング献奏

映像につづいて、森さんへのお別れの言葉が続きます。

博品館劇場代表取締役会長、伊藤義文さんは、訃報を聞いて一番感じたのは「何で死んでんだよ、馬鹿野郎ということでした」と、その胸の内を語りました。

これから、明後日からは、君の遺作になる作品が始まります。

どうか君の仲間、スタッフ、そして少しでいいからこの劇場のことをあの世から見守ってください。

最後に、今日は、僕にとって40代最後の誕生日で、今まで何度か君と誕生日をお祝いしてもらって過ごしたこともあったね。そんな誕生日の日に、君は本来楽屋入りして僕におめでとうっていうはずなのに、僕は人生で初の弔辞を読んでおります。

そんな日にするなんて、本当に馬鹿野郎。

でも君には本当に感謝している。

ありがとう。

君のことは忘れない。

また、松本俊行さん演奏による「愛を込めて」(作詞作曲:NASA)が献奏されました

まとめ

森新吾さんのお別れの会は、関係者だけでなくファンの方々も心ゆくまでお別れできるようにと、18時、19時、20時と3回にわたってメモリアル映像を放映されたほか、劇場ロビーのメモリアルコーナーも自由に閲覧できるよう開放されていました。

故人のゆかりの劇場でのお別れ会。9日から上演される遺作「アクトカンタービレ scene2『golden lemonade』~森新吾へのオマージュ~」にも熱い期待が集まります。

(撮影/荻山 拓也)

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.94/5 (17)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す