弔電(送り方、書き方などのマナーと文例)

訃報を受けたとき、すぐに弔問できない場合には、代理を立てたり、お悔やみ状を書いたり、さまざまな方法で速やかに弔意を伝えます。弔電を打つことも、その中の一つです。

また、葬儀に出席できない場合にも弔電を打ちます。電話でのお悔やみは避けるようにしましょう。喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話を使用しなければならないからです。

弔電は、電話やインターネットから手軽に申し込むことができます。

大切な方へ祈りを届ける|電報サービス「VERY CARD」 弔電は、基本的に通夜・葬儀の前日までに送るのがマナーです。遅くとも、葬儀の開始時刻までには届くように申し込みましょう。
宛名は喪主宛としてフルネームで送りますが、喪主名が不明の場合は、「故○○○○様(故人のフルネーム)」「ご遺族様」を併記します。企業や団体が主催する場合は、葬儀責任者、部署、主催者宛にします。差出人はフルネームで、故人との関係がわかるような書き方をするようにします。

弔電の送り先は、葬儀が営まれるのが自宅なら自宅宛、斎場・葬儀場であれば、そちらの住所宛に送ります。
なるべく葬儀の前日までに届くよう打電します。遅くとも通夜・葬儀の開始3時間前までには届くようにしましょう。

ただし、弔電はあくまで形式的なものなので、故人がお世話になった方、親しい知人・友人の場合には、先方の都合を確認のうえ、後日改めて弔問するようにしましょう。

弔電の送り方

電話で申し込む場合は、局番なしのダイヤル「115」で、弔電の受付時間は午前8時から午後10時まで年中無休で受け付けています。午後7時までに申し込めば、当日中に配達されます。また、インターネットからも申し込むことができ、こちらは24時間受け付けています。

弔電の台紙は、シンプルな無地のものから、美しい刺繍を施したもの、水引のついたもの、中には線香やろうそくなどとセットになっているものなど、さまざまな種類が用意されています。
また、本文はたくさんのサンプルのなかから選ぶこともできます。料金は台紙や文字数によって異なりますが、親族や職場の場合いずれも大体1,000~3,000円くらいで、2,000円前後のものをご用意される方が多いようです。
故人と特に親しかったりお世話になったりした場合には、もう少し上の価格帯から選ぶこともあります。

NTT以外にも、KDDIや郵便局のレタックスのほか、さまざまなところが弔電に関する各種サービスを行っているので、いろいろ比較してみて決めるとよいでしょう。

弔電の文例

【一般的な弔電の文例】

【故人が先方の父母の場合】

【故人が先方の夫・妻の場合】

【故人が先方の子供の場合】

【故人が先方の兄弟・姉妹の場合】

【故人が社長・会長の場合】

【故人が恩師の場合】

【キリスト教式の場合】

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」