弔辞

弔辞を頼まれたら断らないで引き受けるのが礼儀です。弔辞は喪家に保存されますので、丁寧に書くべきですが、文章は真心が伝わるように自分の言葉で書くのが良いでしょう。
最近は、弔辞という言葉を使わず、「お別れの言葉」として捧げるケースもあります。

ごく一般的な弔辞文作成のポイント

ごく一般的な弔辞文作成のポイント・まず、亡くなったことへの悲しみを述べます。
・次に故人の業績や人柄を、あまり大袈裟にならない程度に讃えます。
・そして遺族を励まし、自分にできることがあれば力になりたいと誓います。
・最後に故人の冥福を祈り結びとします。

ここでも忌み言葉は使わないように注意しましょう。
弔辞は、奉読時間は3~4分、文字数は1000字程度あれば充分です。
恩師への弔辞の場合は、生前の恩師の教えをエピソードにして、教え子一同の気持ちを代表するつもりで述べます。友人への弔辞の場合は、友人ならではのエピソードを混ぜると良いでしょう。上司への弔辞の場合は、故人の業績や仕事に対する姿勢、そして上司として素晴らしかったことを述べると良いでしょう。
弔辞は、正式には厚手の巻紙に書きますが、最近では経本のようにジャバラ折りにすることも多いようです。そして奉書で包み、表に「弔辞」と書きます。

弔辞の文例

【取引先社長の場合】

【上司の場合】

【部下の場合】

【同僚の場合】

【友人の場合】

弔辞の手順

・名前を呼ばれたら、遺族・参列者に一礼し祭壇の前に進んで一礼し、祭壇前に進んで一礼します。
・祭壇前に立ったら、弔辞の上包みをはずして読み始めます。
・読み終わった弔辞は、元のように奉書に入れ(便箋の場合は封筒に入れ)お供えします。
・最後に祭壇に向かって一礼して席に戻ります。

※ キリスト教の場合、祭壇に向かって弔辞を読むことはありません。参列者に向かって読みます。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」