第2回お葬式に関する全国調査

お香典ってどのくらい集まるの?

お香典で集まる金額は、平均78.9万円

お香典ってどのくらい集まるの?

調査結果/お香典ってどのくらい集まるの?

お香典の由来は、故人と親しかった人々が米や麦などの食料を喪家に持ち寄り、飲食を共にして喪家の悲しみや不安を少しでも和らげようというものだったようです。
ただし現在では、お香典を葬儀費用の一部にあてることで、喪家の経済的な負担を軽くする意味合いが強くなっています。

今回の調査では、会葬者(参列者)からいただいたお香典の合計金額は、全国平均で789,006円という結果になりました。
地域別では、中部地方が約97万円と最も高いのに対し、近畿地方では約54万円という結果です。
近畿地方では喪家がお香典を辞退するという地域もありますので、こうした習慣が今回の結果にも影響しているのかもしれません。

第1回調査との比較(お香典ってどのくらい集まるの?)
第1回調査との比較(お香典ってどのくらい集まるの?)

2013年11月に行った第1回調査と今回の調査結果を比べてみました。
会葬者(参列者)の減少などによる葬儀の小規模化により、参列者からのお香典の金額も減少していることが分かります。

「第2回お葬式に関する全国調査」アンケート結果

当調査内容に関するご質問、掲載や取材の希望については下記までお問い合わせください。

【 株式会社鎌倉新書 広報グループ 】

〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目6-6 八重洲センタービル7階
TEL:03-6262-3521 / FAX:03-6262-3529

関連記事(いい葬儀マガジン)