仏教解説:天台宗

宗祖

伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)

宗祖

ご本尊

久遠実成無作(くおんじつじょうむさ)の本仏(ほんぶつ)
釈迦如来(しゃかにょらい)・阿弥陀如来(あみだにょらい)・観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)など

「さまざまな仏さまは釈迦牟尼仏が、縁によって私たちを救うために姿を変えて現れたものである」と天台宗では考えます。ですから、釈迦如来・大日如来・阿弥陀如来・観世音菩薩など多くの仏さまを等しく尊信します。たとえば天台宗の総本山である比叡山延暦寺の根本中堂には薬師如来が祀られています。

教え

『妙法蓮華経(法華経)』こそ、仏陀の教えの究極を説いたものとします。この法華経を中心に、菩薩戒・顕教・密教・禅法などを融合した総合仏教といえます。これを「四宗相承」(ししゅうそうじょう)と言い、円・密・禅・戒、そして念仏を法華経の精神で統合していこうというものです。そして、すべての人、生物、存在には仏になる可能性があると教えています。天台宗宗憲には「天台宗は宗祖大師立教開示の本義に基づいて、円教、密教、禅法、戒法、念仏等いずれも法華一乗の教意をもって融合しこれを実践する」とあります。

お唱えする言葉

正式には、
 な む しゅうそ こんぽんでんぎょうだいしふくじゅこんごう
「南無宗祖根本伝教大師福聚金剛」ですが、
 な む あ み だ ぶつ
「南無阿弥陀仏」を唱えることが多いようです。

よく読まれる経典

ほ けきょう
『法華経』
 だいにちきょう
『大日経』
 こんごうきょう
『金剛経』
 そしつじきょう
『蘇悉地経』
 ぼんもうぼさつかいきょう
『梵網菩薩戒経』

総本山

ひえいざんえんりゃく じ
比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本本町)

歴史

天台宗の名のルーツは中国の浙江省天台県にある天台山にあります。中国隋代に天台宗を開いた天台大師智顗は、天台山を修行の地に定め根本道場を開いたため、天台大師と呼ばれ、またその系譜を天台宗と呼ぶようになりました。我が国に天台宗を開いた伝教大師最澄も、中国に留学中に天台山で修行しています。
 最澄は、天平神護2年(766)近江国に生まれました。長じて、当時のさまざまな仏教を学び修行した最澄はやがて天台大師の教えに出会い、なんとしても中国に渡り天台宗の極意を学ばなければならないと決意、留学を果たします。そして、中国で研鑽を重ねた後、多くの仏教典籍とともに帰国し、日本に天台宗を開くのです。開宗は、延暦25年(806)1月26日とされています。
 その後、慈覚大師円仁・智証大師円珍・五大院尊者安然・慈慧大師良源・恵心僧都源信・慈眼大師天海らの名僧によって天台宗は発展を遂げることになります。

お仏壇の飾り方

お仏壇の飾り方お仏ご本尊は久遠実成無作の本仏である釈迦如来ですが、阿弥陀如来をまつることも多いようです。それぞれの信仰によって、薬師如来、観世音菩薩、不動明王、毘沙門天などをまつることもあります(一般的には菩提寺のご本尊にならいます)。向かって右側に高祖天台大師を、左側に伝教大師最澄のご影像をかかげます。

※右の図は一例です。地域や仏壇の大小などによってまつり方に違いがありますので、正しくは菩提寺にお聞きください。

仏壇のご購入・ご相談なら「いい仏壇」

主な行事

主な行事

「天台宗勤行教典」オンライン販売

天台宗の葬儀・お葬式

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」