市川愛の「教えて!お葬式」

家族葬って他の葬儀と何が違うのでしょうか? また注意点などあったら教えてください。

家族葬という言葉が広まるにつれ、「家族葬とは家族だけで見送るのですか?」などのご質問もいただくことも増えました。
 
小さな規模のお葬式の総称と言うイメージの家族葬ですが、ここで一度、家族葬とはどのようなお葬式なのかを一言お話しておくと、家族葬とは、一般の方々をお招きせず、お身内だけで見送るお葬式のことです。
お身内という定義は特に無く、その人それぞれでお身内と思う範囲で構いません。
他のお葬式とは、お招きする範囲、お葬式をお知らせする範囲が違うということになります。
 
なお、家族葬と並んで表記されることが多い「密葬」ですが、本来は、後日、本葬を営むのが密葬とされていましたが、今では家族葬でも後日お別れ会などを営むこともありますので、どちらも同じ意味合いとなっています。
 
さて、もう一つのご質問にあった家族葬の注意点ですが、ポイントは2つ。
訃報をお知らせする「範囲」と「時期」です。
 
まずお知らせする範囲です。
お招きしたいお身内の方には、亡くなってすぐにお知らせしますが、それ以外の一般の方にも同時に伝わってしまうと、「ご不幸を知ったからには参列しないと」と考える方もいらっしゃいますので、家族葬が成立しづらくなってしまいます。
ですから、通知はお招きしたい方にだけお知らせするようにしてください。
 
ただし、親しい親戚であったり、故人と親しい方にもかかわらずお知らせしないとなると、後日揉め事の元になってしまうこともありますので、故人とお別れしたいと思われている方をないがしろにしないような配慮も必要です。
 
次にお知らせする時期です。
お葬式の直後にお知らせすると、その後すぐにご自宅へ弔問に来られる方もいらっしゃいます。
 
ご自宅への弔問があまりに多くなると、葬儀後の諸手続きなどが滞ってしまうというケースや、中には弔問が続くことで、ずっとお葬式が続いているような感覚になってしまうという場合もあります。
 
弔問が多くなりそうな場合は、後日お別れの場面を設けることも一つの方法で、四十九日法要にお招きしたり、お別れ会を営んだりすることで、ご自宅への弔問が途切れないというような事態は避けることができます。
 
一般の方にお知らせする時期としては四十九日法要の後に通知するか、最近は年末の年賀欠礼の喪中ハガキでお知らせするのが一般的です。
 
家族葬とは、お身内だけで見送るお葬式だとお話しましたが、故人とお別れしたいと思う方への配慮も忘れないようにすることで、家族葬で後悔することも少なくなるのではないかと思います。
 
ということで、今回のご質問
家族葬って他の葬儀と何が違うのでしょうか?また注意点などあったら教えてください。
についてお答えしました。

【市川愛プロフィール】葬儀相談員/市川愛事務所リリーフ代表

1973年10月21日生、神奈川県川崎市出身

服飾メーカーに約7年間勤務し、百貨店との商品企画・販売企画に携わった後、葬儀業界で初めての葬儀エージェント(葬儀社紹介)企業に入社。約300社の葬儀社と提携し、紹介業務を行なう中で、服飾業界の「顧客サービスの常識」がまったく通用しない葬儀業界の状態を知り、あまりに前時代的な考え方の葬儀社が多いことに大きな衝撃を受ける。

葬儀社紹介業で勤務していく中で、『ウェデング業界にはウェディングプランナーがいる。不動産業界には不動産鑑定士がいる。それならば、葬儀業界にもプロのサポート役が必要なはず』との想いが大きくなり、2004年に独立。ウェディングプランナーをヒントに、「葬儀相談員」という新しい形態の葬儀サービスを考案し、消費者からの相談対応・葬儀現場でのサポートサービス等を提供すると同時に、2005年より葬祭事業者へのコンサルティング業務を開始。

現在は日本初の葬儀相談員として、累計3000件を超える消費者からの相談・質問に対応するほか、お葬式の事前準備サポート、各地での講演、執筆、葬儀関連業者へのコンサルティングを行う。

市川愛の「教えて!お葬式」カテゴリ別一覧

葬儀・葬式

法事・法要

お墓・仏壇

終活

お葬式のことならなんでも相談ください 24時間365日 0120-393-100 相談無料