市川愛の「教えて!お葬式」

新盆・初盆を迎えるにあたって,具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください

年中行事のお盆ですが、故人が亡くなってから初めて迎えるお盆は、通常よりも特に手厚く行う習慣があります。


これは地域ごとに、新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)、または初盆(はつぼん)などと違う呼ばれかたをしていますが、

どれも「故人と遺族にとっての初めてのお盆」という、同じ意味あいの行事です。

今回は新盆と呼ばせていただきますね。

 

新盆の例外としては、故人がお盆前の直前に亡くなって、四十九日法要よりも前にお盆を迎えるときは、その年を新盆とはせず、翌年に繰り越します。

 

新盆では、家族や親族の他に故人と親しかった方を招いたり、僧侶に読経してもらい、新盆法要を営むことも多く、通常のお盆よりも手厚く供養するのが一般的です。

 

ご質問の準備とスケジュールですが、僧侶にお越し頂く場合は、少なくとも1ヶ月前にはそのスケジュールを確認し、日時を確定させることからスタートしてください。

新盆法要の日時が決まったら、お招きしたい方々へ招待状を送るなどしてご案内しましょう。

 

そして当日までに準備しておくものは、精霊棚とお供え物、そして提灯です。

 

精霊棚は、小さな机に真菰というゴザを敷いて、その上に仏具や、きゅうりとナスで作った精霊馬、果物やお膳などのお供え物を飾ります。

お団子を作る地域も多いようですので、お住いの地域のしきたりに合わせて準備されてください。

 

初めてのお盆ということですので、精霊棚のセットを揃えても良いかもしれませんね。仏具屋さんや通販などで、数千円程度で市販されています。

 

用意される際の提灯なのですが、通常のお盆ではきれいな柄が描かれているものを飾りますが、新盆に限っては白無地の提灯を飾ります。

 

この白い提灯を使うのは一回限りで処分するのが通例です。

昔は川に流すなどしていたようですが、今ではお寺にお願いしてお焚き上げをしてもらうか、家庭で処分しましょう。

 

加えて、お招きした方々からお供え物やお香典をいただきますので、お茶やタオルなどの返礼品も準備し、会食の予定があれば、その手配も忘れずにしておきましょう。

 

亡くなってから日が浅い故人を手厚く迎える新盆。

地域によって、細かなしきたりは変わりますが、

故人の初めての里帰りとして、供養する側、そして供養される側双方にとっての、練習のような意味もあるのかもしれませんね。

 

ということで今回のご質問

新盆・初盆を迎えるにあたって、具体的に準備する内容やスケジュールを教えてください。

にお答えしました。

【市川愛プロフィール】葬儀相談員/市川愛事務所リリーフ代表

1973年10月21日生、神奈川県川崎市出身

服飾メーカーに約7年間勤務し、百貨店との商品企画・販売企画に携わった後、葬儀業界で初めての葬儀エージェント(葬儀社紹介)企業に入社。約300社の葬儀社と提携し、紹介業務を行なう中で、服飾業界の「顧客サービスの常識」がまったく通用しない葬儀業界の状態を知り、あまりに前時代的な考え方の葬儀社が多いことに大きな衝撃を受ける。

葬儀社紹介業で勤務していく中で、『ウェデング業界にはウェディングプランナーがいる。不動産業界には不動産鑑定士がいる。それならば、葬儀業界にもプロのサポート役が必要なはず』との想いが大きくなり、2004年に独立。ウェディングプランナーをヒントに、「葬儀相談員」という新しい形態の葬儀サービスを考案し、消費者からの相談対応・葬儀現場でのサポートサービス等を提供すると同時に、2005年より葬祭事業者へのコンサルティング業務を開始。

現在は日本初の葬儀相談員として、累計3000件を超える消費者からの相談・質問に対応するほか、お葬式の事前準備サポート、各地での講演、執筆、葬儀関連業者へのコンサルティングを行う。

市川愛の「教えて!お葬式」カテゴリ別一覧

葬儀・葬式

法事・法要

お墓・仏壇

終活

お葬式のことならなんでも相談ください 24時間365日 0120-393-100 相談無料