市川愛の「教えて!お葬式」

香典の相場はいくら?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。
“教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。

今回いただいたご質問は“御香典の相場っていくらぐらいなんですか”ということなんですね。

確かに御香典、皆さん迷われますよね。
関係の近さであったり、その地域によっても大きく変わるものですから、お包みする時にいくらぐらいが正しいのかなというふうに悩まれますし、私もたくさんご質問をいただく事でもあります。
まず、御香典の相場を一番簡単にご説明すると、五千円か一万円なんですね。

まず、一万円をお包みする場合は、身内と呼べるくらいに仲が近い関係です。
例えば、仲のいい仲間だったり、御世話になったという方、そういった方のご葬儀の場合は一万円をお包みするのが丁寧ではないでしょうかね。
それ以外の例えばご友人、知人、ご近所、そういった場合は五千円程度が一般的かと思います。
一万円か五千円、こういうふうに考えていただくとわかりやすいと思いますね。
ただ、御香典には地域差があります。
例えば、東日本ではなく西日本を中心として、お通夜の夜に通夜ぶるまい、これを一般参列者がとらない地域が多いんですね。
こういった場合は例えばご近所さんなんか、ちょっとだけ参列してご焼香して帰る、こういった場合は三千円程度お包みしたり、また関西の一部地域では御香典自体を省いてしまうという所も最近出てきました。
またですね、新生活運動という合理的な考え方が根付いている地域などは、御香典だいたい千円位が一般的だったり、地域差が大きなことですから、その参列する地域の事をご友人、もしくは御親戚などに聞いてみてもいいかもしれませんね。
他によくいただくご質問なんですけれども“御香典を多くお包みすると失礼になるのではないか”これもいただくんですね。
これ確かにそうなんです。
お悔やみの気持ちの事を弔意というふうに言うんですけれども、この弔意を一般参列者が、身内例えばご遺族ですね、ご親族などの弔意を飛び越えてしまうことがマナー違反にあたるというふうな考え方があります。
この似たような考え方では、喪服もそうなんですね。
洋服ですとか和服、こういった洋服には服装には格式というものがあって、その格式、洋服の格式を一般参列者が、ご遺族のものを飛び越えてしまう、これも同じように失礼にあたるんです。
例えば紋付の和装などもそうですね。
これは格式が高い服装になりますので、一般参列者はブラックフォーマルなどの略礼装で参列するのが一般的なんです。
ちょっと話がずれましたけれども、御香典の相場、悩まれた時には五千円もしくは一万円、こういうふうに覚えていただくといいのではないかなと思います。

それでは、今回のご質問“御香典の相場っていくらぐらいなんですか”にお答えしました。
どうもありがとうございました。

【市川愛プロフィール】葬儀相談員/市川愛事務所リリーフ代表

1973年10月21日生、神奈川県川崎市出身

服飾メーカーに約7年間勤務し、百貨店との商品企画・販売企画に携わった後、葬儀業界で初めての葬儀エージェント(葬儀社紹介)企業に入社。約300社の葬儀社と提携し、紹介業務を行なう中で、服飾業界の「顧客サービスの常識」がまったく通用しない葬儀業界の状態を知り、あまりに前時代的な考え方の葬儀社が多いことに大きな衝撃を受ける。

葬儀社紹介業で勤務していく中で、『ウェデング業界にはウェディングプランナーがいる。不動産業界には不動産鑑定士がいる。それならば、葬儀業界にもプロのサポート役が必要なはず』との想いが大きくなり、2004年に独立。ウェディングプランナーをヒントに、「葬儀相談員」という新しい形態の葬儀サービスを考案し、消費者からの相談対応・葬儀現場でのサポートサービス等を提供すると同時に、2005年より葬祭事業者へのコンサルティング業務を開始。

現在は日本初の葬儀相談員として、累計3000件を超える消費者からの相談・質問に対応するほか、お葬式の事前準備サポート、各地での講演、執筆、葬儀関連業者へのコンサルティングを行う。

市川愛の「教えて!お葬式」カテゴリ別一覧

葬儀・葬式

法事・法要

お墓・仏壇

終活

お葬式のことならなんでも相談ください 24時間365日 0120-393-100 相談無料