木野島光美の「女性のためのお葬式のマナー」


「キリスト教式のお葬式」の基本知識とマナー

今回は、キリスト教式の基本知識とマナーをご紹介しましょう。
お式を司(つかさど)る神父様や牧師様の進行サポートとして私どもでは、献花誘導、対面式でのご案内など、教会やセレモニーホールへ伺うことがあります。
 

カトリックのお葬式とプロテスタントのお葬式


カトリック式では、神父様の司式のもと、故人を神にゆだね、永遠の命を得られるように祈ります。
聖書朗読や神父の説教を行う「言葉の典礼」や「感謝の典礼」からなるミサが中心となります。

一方、牧師様が司るプロテスタントでは神に感謝し、神に捧げる祈りが中心となります。
聖書の朗読、讃美歌斉唱、牧師の説教などが行われます。

 

キリスト教式のお葬式の作法


初めてキリスト教式のお葬式に参列となった場合、仏式のお葬式との違い、特に参列者の作法についてたいへん不安な方が多いと思います。

 

不祝儀袋の表書き


まずは、不祝儀袋の表書き。
「御霊前」または、「お花料」が一般的です。
ただ、コンビニなどで購入する場合、ご霊前袋にはすの花などがプリントされたものは仏式で使われるものですので、プリントされていないものを選びましょう。
 


式の流れ


次に最も不安なのがキリスト教式の流れや献花のお作法ではないでしょうか。「式次第」については、式場受付に置かれていることが多く、そこには賛美歌や聖歌の歌詞も書かれています。
式中、式次第のひとつ一つの流れは、神父様または牧師様からお話があります。

そして、いよいよお花を捧げる献花へ。お花は白いカーネーションが使われることが多く、参列者の方へ一輪ずつ私たち係りがお渡しし、献花台へと進んでいただきます。

 

献花の作法


係りからお花を受け取っていただき、

ご遺族へ一礼 → 献花台へ → 故人に黙礼 → 献花台にお花を供えます → 再度、故人に黙礼→ ご遺族へ再び一礼 → 元の席にもどります。

なお、お花をお供えする際のお花の向きですが、一般的にお花は手前に茎は祭壇に向け手向けます。

ただ、私の経験で一度だけ向きが反対というケースがありました。
「きれいなお花を故人に向けて手向けましょう」という宗教者のご意向でした。

教会や宗教者によって、献花のお作法も若干変わるケースがあるかもしれませんので式場の係りに遠慮なく確認しましょう。


さて、次回は臨終のお知らせを受けた時の配慮ある応対・マナーについて触れてみたいと思います。


木野島光美の「女性のためのお葬式のマナー」記事一覧に戻る