木野島光美の「女性のためのお葬式のマナー」


喪服のスカートの丈の長さは?~ブラックフォーマル~その2

前回に引き続き、ブラックフォーマルについてご紹介致しますね。 ブラックフォーマルにも正装といわれる和装、また、洋装では、3パターンあり、正喪服、 準喪服、 略喪服についてお伝えしました。
女性のブラックフォーマルも最近では目を見張るほどエレガントなデザインが増えてきました。 ドレープが美しいレイヤードスタイルのワンピースもとても素敵です。 ところで、皆さんはブラックフォーマルのスカートの丈を気にされたことはありますでしょうか。

スカートの丈はひざ下何センチ?

私は式典の司会者としてご家族葬から企業主催の社葬や団体葬にうかがう中で、僭越ながら、ご遺族やご親族、関係者の方々に身だしなみのアドバイスをさせていただくことがあります。
女性の場合は、スカート丈やアクセサリー、靴にまで至りますが、ある時、ご遺族の中にひざ上10cmほどの黒のミニスカートで通夜に臨席された方がいらっしゃいました。
弔問側ではなく、故人様のお孫様にあたる方でしたので、通夜後に略喪服であっても「スカートは椅子に座った際にひざが隠れる丈がよろしいかと思います」と、お伝えしました。 お母様の世代も礼装のマナーになかなか触れる機会もなく、ご存じではなかったようでした。
翌日の葬儀式にはひざが隠れる丈のスカートをお召しになり、「身だしなみを整えたことで心も落ち着きました。おじいちゃんにきちんとお別れができそうです」とわざわざお声をかけていただきました。
 

半袖での参列はマナー違反?

身だしなみといえば、これから夏場にかけては半袖ワンピースでお式に臨席される方もいらっしゃいます。 半袖はOKでしょうか? それともNGでしょうか?
正解はNG。 袖の長さはひじが隠れることが基本です。 アンサンブルのスタイルであれば、儀式中は必ずジャケットをはおりましょう。
では、靴にも注意すべきポイントはあるのでしょうか?
夏場はつま先が出たオシャレなパンプスはOK? NG? 女性なら気になりますよね。 足元にも気を配り、故人を偲びたいものです。

次回は足元のマナーとアクセサリーについてご紹介致します!


木野島光美の「女性のためのお葬式のマナー」記事一覧に戻る