【プロが語る!】 サービスの基本!「介護過程」について


今回は、介護サービスの基本となる考え、「介護過程(かいごかてい)」について、お話ししたいと思います。

これは、介護保険が始まった時から、介護保険の核になっている考え方の1つです。この介護過程がベースになって、介護保健制度サービスが作られているといっても言い過ぎではありません。

 

個別サービス計画書とは?

もしみなさんの家族が、介護保険のサービスを始められると、「個別サービス計画書」という計画書をサービス事業者が作成し、みなさんの手元に届けられます。

ただし現場では、「個別サービス計画書」という名前では呼ばれることはありません。

例えばデイサービスに通っていれば「通所介護計画書」、ホームヘルプであれば「訪問介護計画書」、訪問看護であれば「訪問看護計画書」という名前で呼ばれます。

この計画書は、通所介護サービスを利用するとき、「具体的にどんな目標を持って利用するのか?」「具体的なサービスとして何を行なうか?」、そして「サービスを行なう時の留意事項などが載っています。

計画書というと、ケアマネジャーが作成する、「居宅サービス計画書(在宅)」も有名です。施設(特別養護老人ホーム等)の場合は、「施設サービス計画書」と呼ばれています。

この両者の関係ですが、ケアマネジャーが作成する「居宅サービス計画書」には、ご利用者の生活全般の課題、それに対する目標、具体的なサービスの種類・頻度、月のスケジュール、毎月の利用金額などが載っています。言うなれば、ご利用者の介護方針の設計図と言えるでしょう。

もちろん計画は、ケアマネジャー1人で作成するものではなく、利用者・家族・サービス事業者の意見なども参考にして、利用者の同意をえて、完成されます。

「個別サービス計画書」は、そのケアマネの設計図から、各サービス(通所介護、訪問介護など)が、利用者の困りごと・課題を少しでも解消、改善するための目標を定め、その成果を利用者が手に入れられるように、具体的なサービスメニューを定めていきます。設計図から実際のサービスを作るということです。この個別サービス計画書に沿って日々のサービスを提供していきます。

この介護過程というのは、この改善計画と実施の一連の手順になります。

新入社員時代に、PDCAということを学ばれたと思いますが、考え方は似ています。

介護過程の教科書的な定義は、「利用者の介護生活における解決すべき課題(生活課題〔ニーズ〕)を見きわめ、解決するための計画を作り、実施し、評価する一連のプロセスをいい、介護の目的を実現するための、客観的で科学的な思考と実践の過程のことである。」となります。

図にすると、以下のようになります。

アセスメントから始まり、計画立案、実施、評価、再度アセスメントに戻ります。

このアセスメントとは、ある一連の質問群で構成された評価用紙です。その方の身体状況、既往歴、家族環境、実際のADLの状況などを確認しながら、その方の課題を見つけられるものになっています。

 

再現性のある科学的な介護法への期待

以前の介護は、場当たり的というか、「今日の介護を提供すれば、それで良し」というような時代もありました。

現在では、利用者の自立を見据えて、一定期間にしっかりと関わります。利用者の未来の具体的なビジョンを持って、今日は何を提供するか?という、段階的な介護を提供するという考え方に変わっています。徐々に自立状態になるように、利用者が必要なことをこまめに変化させながら、サービスを行なっていきます。

また、介護を受ける人達に対して、自立をより促せる介護法、より省力できる方法、さらに過剰になりすぎない介護などを考え、現場で実践することで、誰に対しても一定の効果があり、再現性のある科学的な介護法を、現場で作りあげることも期待されています。

これらを実現するために、この「介護過程」を活用することになります。

先述の図をもとに説明すると、「アセスメント」では、利用者の課題を発見します。

次の「計画立案」では、その課題の解決法を作成します(具体的には、目標の設定とプログラムの立案です)。

「実施」で、解決法を実践します。また、現場での日々の苦労や工夫なども記録します。

そして「評価」では、中間と期末に、解決法の効果判定を行い、必要があれば計画を修正します。

この場合の評価とは、その目標が「達成、一部達成、未達」の判断をするものになります。もし未達となった場合は、目標の変更、もしくはプログラムの変更を行ないます。

その変更点を考慮しながら、再度アセスメントを行ない、次の期間の計画を作成します。この計画書を通して、課題や解決法に対して、どこまで良くなるのか?利用者はどこまで回復を望むのか?など確認しながら、解決法を実践することで、利用者も納得してサービスを受けることが出来ます。そして、もし予想が違っていれば、実践しながら計画を修正することで、更に良いサービスを提供出来るようになります。

それにより、他の利用者にもサービスが可能になったり、事業所全体のレベルアップにつながります。

この流れが、介護過程です(専門用語で介護過程の展開といいます)。

 

しっかりとサービスを提供しているサービス事業所さんは、計画書も一工夫されています。

いい事業所さんを探す上でのご参考にしてください。

5/5 (1)


The following two tabs change content below.
橋谷創(スクナクリエイト代表/社会保険労務士・介護福祉士)

橋谷創(スクナクリエイト代表/社会保険労務士・介護福祉士)

医療法人で人事・総務・行政対応等、総務人事全般を経験。実地指導や監査対応も場数をこなし、対応策などについては独自の視点も交えながら的確なアドバイスに定評あり。また、ディマティーニ・メソッドの導入により、介護現場のモチベーションアップを後方支援。マネジメント研究に日々取り組んでいる。