亡き母への贈り物からはじまった「母の日」。2017年おススメのプレゼントは?


毎年、5月の第2日曜日は母の日です。2017年の母の日は5月14日。お母さんに感謝の気持ちを伝える日というこの日、世界各国でさまざまな母の日の迎え方があるようですが、日本の母の日は、亡くなったお母さんに白いカーネーションを贈ったという話がアメリカから日本に伝わって、広まったとものと言われています。

でも、最近はカーネーション以外にもいろんな贈り物が登場していて、選ぶのにも迷いそう。ということで、今回のいい葬儀マガジンでは、母の日についてお伝えします。

 

日本で母の日を広めたのは誰?

日本で行われている母の日の起源は、1907年にまでさかのぼることができます。アメリカのアンナ・ジャービスという方が、亡き母に白いカーネーションを贈ったのがはじまりと言われています。彼女の行いに感動した人たちは翌年、「母の日」を祝い、アンナが参加者に白いカーネーションを配りました。

この母の日を日本に紹介し、そして定着させたのは青山学院に関係の深い3名の女性の宣教師の方々です。

まず、青山学院で教えていた宣教師ベンジャミン・チャペルと結婚したメアリー・J・ホルブルックが、1909年に「母の日」を知り、日本にも広めようとしましたが、病に倒れました。

彼女の意思を受け継いだのが、青山女学院で教鞭を執っていたマイラ・E・ドレーパーです。彼女は1913年に、日本で最初の「母の日」の行事を行いました。

さらに、青山女学院院長を務めた後、青山学院宣教師で役員のロバート・P・アレキザンダーと結婚したファニー・G・ウィルソンが「母の日」について各界の著名人に働きかけた結果、1932年に日本で初めて「母の日」が公式行事として祝われたそうです。

 

続々登場!最新の母の日の贈り物事情

母の日の贈り物と言えば、カーネーションを連想しますが、年々、さまざまな商品が登場。そこで、「いい葬儀マガジン編集部」が独自のセンスで選んだ、今年の注目プレゼントをご紹介します。あなたのお母さんにぴったりの「ありがとう」はありますか?

 

おいしいケーキで「お母さんありがとう」

お母さんが好きなモノと言えば、おいしいケーキ!チョコレートやチーズケーキ、プリンで有名な洋菓子のモロゾフ(本社:兵庫県神戸市)からは、定番のチーズケーキやカスタードプリンが、お母さんへの感謝のメッセージを込めた、母の日限定デザインで登場です。

5月12日から14日まで、3日間の期間限定で、全国の洋生菓子取扱店で販売されます。

チョコレートスポンジでチョコレートクリームとウォールナッツを挟み、クリームシャンティとピンク色のチョコレートで包んだ、マザーズデー グルノーブル。大きさは直径約145mm、税込み1,620円

 

パンツフラワーで「お母さんありがとう」

ちょっと変わった贈り物をしたい!という方には、ショーツはいかがでしょう?

下着会社の株式会社ワコール(本社:京都府京都市)では、チェーンストア向けブランド「ウイング」から母の日に向けて、はきごこちのよいショーツを花に見立てて可愛いラッピングを施した、パンツフラワーを発売中。

カーネーションの花から抽出した染料で生地を染めた3色のショーツ。RE(レッド)は“母への愛”、 OR(オレンジ)は“情熱的な愛”、 SX(サックス)は“永遠の幸福”と、カラーごとにメッセージが込められています。

身生地にはストレッチ性とフィット感のよい綿混素材を使用した、ウイング パンツフラワー(ワコール)。サイズM/L 価格は税別1,200円

 

想い出の絵本から「お母さんありがとう」

さて、JR東日本の品川駅構内では、ベネリック株式会社(本社:東京都港区)がエキュート品川 サウスのレストスペース「サニーコート」に、オランダの人気絵本ミッフィーのお花屋さん「フラワーミッフィー」の期間限定店をオープンします。母の日におすすめのフラワーギフトや、フラワーミッフィー限定グッズなどが並びます。幼いころ、お母さんに読んでもらった絵本。楽しかった想い出をプレゼント!

期間は2017年5月6日から5月14日まで。このほか、JR新橋駅烏森口(5月1日~5月14日)やJR新宿駅構内南改札(5月12日~5月14日)でも期間限定店がオープン予定です。

フラワーミッフィー ながぐつプランターカバー。価 格は税別3,000。サイズはW82×H88~157×D133mm

 

やっぱりお花で「お母さんありがとう」

いろんな感謝のかたちがあるけれど、やっぱりお花でありがとうを伝えたいという方には、日比谷花壇(本社:東京都港区)の、母の日のフラワーギフトがあります。花の種類もカーネーションだけでなくバラやラン、アジサイなど豊富にあって、お母さんの大好きな花もきっと見つかるでしょう。なお、今回は「いい葬儀マガジン」の読者の皆さんのために、10%OFFサービス*もご提供いただきました。

カーネーション、バラ、アジサイなど花の種類も豊富にそろっています

 

*ご注文情報入力ページの下部、「eクーポン入力」の欄に、「A57730000021579」を入力して決済に進むと、10%割引で商品を購入できます。

 

亡き母を想う気持ちから生まれた母の日。一番大切なのは、やっぱりお母さんへの感謝の気持ちですね。

 

(小林憲行)

 

5/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。