生花祭壇がさらに進化?バルーンアート祭壇


「子どもらしく送りたい」「できることはしてあげたい」。

小さな子どもを亡くした親御さんの思いに応えた、「バルーンアート祭壇」が登場しました。

葬祭業を営むディーエスエス(DSS 東京都町田市)が、生花祭壇とバルーンアートを組み合わせた葬儀用祭壇専門サービスブランド「ふうか―楓花」を立ち上げ、提供しています。

 

できることは、してあげたい…

「I’m always yourside(できることは、してあげたい…)」をコンセプトに、小さい子ども向けに開発した祭壇です。

「お子さんを亡くしたご両親から何度となく『子どもらしく送りたい』」と、要望を受けていたという大作健・代表取締役。

「バルーンを専門に取り扱っている葬儀社がなかったことから、1年前に企画し、昨年(2016年)8月にサービスを開始した」そうです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

多種多彩な造形で新しいお葬式を演出

大手バルーンイベント製作会社などとコラボレーションすることで実現。

基本のラインアップは全32種類で、カスタマイズにも対応します。

バルーンを使用することで、配色を含めた細かなニーズに対応し、多種多彩な造形演出が可能。若年層から年配者まで利用できる、新しいお葬式の形を提案します。

%e7%94%bb%e5%83%8f3

 

バルーンは土に還る素材を採用

使用したバルーンは、お別れ時に「バルーンリリース」としても使用できるなど、新たなセレモニーイベントも合わせて提案します。

バルーンには土に還る素材を採用し、環境にも配慮しています。

%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

お葬式の形は日々、変化しています。

生花祭壇との組み合わせにバルーン。お別れ会と組み合わせたり、アイデア次第でいろいろなお別れが形にできそうです。

(田沢理恵)

 

5/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。