1月23日開催! 終活コミュニティカフェで『いきたひ』上映会


終活コミュニティカフェ“ブルーオーシャンカフェ”(東京都江東区)で1月23日、昨今関心が寄せられている「看取り士」とその家族を描いたドキュメンタリー映画(監督:長谷川ひろ子氏)『いきたひ』の上映会が開催されます。

 

『いきたひ』

slide01

今回“ブルーオーシャンカフェ”で上映される『いきたひ』は、長谷川監督自身がご主人を自宅で看取った経験や、家族を抱いて看取った方々のインタビュー、看取り柴田久美子さんの活動をまとめたドキュメンタリームービーです。

上映会当日には上映後、長谷川ひろ子監督のトークショウ&懇親会も開催されます。

 

日時:2016年1月23日(土) 14:30~開場、15:00~上映、16:00~トークショウ&懇親会
場所:江東区住吉2-2-4 (ブルーオーシャンカフェ)
料金:映画鑑賞のみ\1,500-  トークショウ&懇親会セット\4,500-

お申込み、詳細はブルーオーシャンカフェのホームページへ

 

終活コミュニティカフェ“ブルーオーシャンカフェ”とは!?

 

“訪れる人が誰でも輝ける場所に”  海洋散骨のトップランナー「ブルーオーシャンセレモニー」の株式会社ハウスボートクラブが運営する、「生き方」「逝き方」「活き方」を考えるコミュニティカフェです。

すごいのが、メインスタッフが皆、終活カウンセラーの資格をもっているということ。

美味しい食事を楽しみながら、介護・保険・年金・相続・葬儀・供養など終活について、気軽に何でも聞けちゃいます。

 

“終活は高齢者のため”だけではありません

 

ブルーオーシャンカフェのスタッフには若い人も多いので、これまで終活を考えたこともなかったという世代の人でも、緊張しないでお話できます。

自分のこと、親のこと、「将来大変かもな~~~」と漠然とした不安を抱えてても、問題は先送りされるだけ。

楽しく終活をはじめたい方、よりしっかりと将来を考えたい方におすすめのカフェです。

 

上映会だけでなく終活を中心に、「生き方」「逝き方」「活き方」を考えるセミナーやイベントも頻繁に開催しているので、こういうのに参加してみるのも良いですね。

 

 


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。