喪中ハガキはいつ出すの?知ってて安心、喪中ハガキのしっかりマナー。ネットで送れるサービスも!


身内の不幸を知らせる喪中はがきには、郵送する時期や、必要となる文面のほか、どのようなお付き合いがある人に出すべきかなど、細かなマナーがあるのを知っていますか。近年では、パソコンで喪中はがきを自作する人も増えており、正しいマナーを知っておけばいざという時に便利ですし、郵送した後で間違いに気付くことも少なくなります。年賀欠礼の挨拶にもなる喪中はがきは、受け取る側の気持ちになって失礼のないように出しましょう。

喪中ハガキは何のために送るの?

喪中ハガキは別名を、年賀欠礼挨拶状などと言います。身内に不幸があり喪に服するので新年の挨拶をしない、または、年賀状を受け取れないという知らせを、新しい年を迎える前に相手側に伝えるためのものです。しきたりとして伝えられている喪中ハガキは、古くは儒教や宗教の考え方に大きな影響を受けていました。しかし、近年では儀礼的な意味よりも、身内の不幸に対する悲しみや故人への愛情などを表現する意味合いが色濃いです。

喪に服するのはどこまで?おじいちゃん、おばあちゃんのときは喪中?

身内の不幸と言っても、どの続柄まで喪に服すべきかよく分からないと言う人も少なくはないでしょう。実は、続柄により喪中の期間も異なります。兄弟や祖父母、孫などの2親等までを一般的には喪中と考えます。かと言って3親等の人物を絶対に喪中にしてはならない決まりはなく、付き合いの深さによっては喪に服しても問題ありません。喪中期間としては、両親や義父母は13カ月、子供が3カ月から1年、祖父母や兄弟姉妹は3カ月から半年が一般的な基準です。喪中ハガキを出す際は、例えば2親等の親族が亡くなった場合は喪中期間が短いですので、1年の前半に不幸があると年末には喪が明けている場合も考えられます。だからと言って喪が明けない早い時期に年賀欠礼の知らせである喪中ハガキを出すのは控えるべきです。喪が明けていても年末に喪中ハガキを出すか、年賀状を通常通り書くかを自分で判断しましょう。

喪中ハガキを送るべき相手とは?

喪中ハガキを送る場合、誰に出せばよいのか迷うこともあるでしょう。簡単に言えば、毎年年賀状をやり取りしている相手です。身内の不幸をすでに知っている親族に対しては出さないケースが多いようですが、マナー的には出しても構いません。基本的には、故人とどれだけ交流があった相手なのか、どのような関係であったのかを考慮して送るべきかを決めましょう。故人のみ付き合いがあった相手には葬儀で喪主を務めた人物が喪中ハガキを出すと良いです。遺族の場合は、故人に関係のない相手や、不幸を知らせる必要のない相手であれば通常通り年賀状を出しても問題ありません。

喪中ハガキを出す時期は?

前述しましたが、年賀欠礼の挨拶状である喪中ハガキは早い時期に出すのは控えましょう。いつ出す?と迷ってしまわないように10月中旬から11月下旬までの時期と覚えておいてください。なぜなら、あまりに早い時期に喪中ハガキを貰っても、一般的に年賀状を書く時期である12月頃には忘れてしまう可能性があるからです。喪中ハガキを受け取る側の事情を良く考え、相手が年賀状を書き始める少し前の時期に出しましょう。また、遅すぎもNGです。相手があなたに年賀状を出してしまった後では慌てさせてしまいます。

喪中ハガキはどう書けばいい?

喪中ハガキにまず書かなければならない事柄は、喪中であるため年末年始の挨拶ができないと知らせるための挨拶文です。「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます」などで良いでしょう。大きめの文字で喪中ハガキだと相手がひと目見て分かるように書きます。次に不幸の内容について、誰がいつ頃なくなったのかを明確に書きましょう。「○○年○月○日祖父○○○○が○○歳にて天寿を全ういたしました」などと書きますが、詳しい日付や年齢は省いて構いません。しかし、どのような続柄の人かや、故人の名前と亡くなった月は書くようにしましょう。不幸について書いたら、故人が生前お世話になったことに対する感謝とこれからのことを伝える文章を加えます。「平素よりのご厚情に感謝いたしますと共に、これからも変わらぬおつき合いのほど謹んでお願い申し上げます」などと書き、最後にハガキを書いた日付を忘れずに書きましょう。また、年賀欠礼の挨拶状である以上、近況報告などの余分な文章は控えてください。どうしても伝えたい近況報告がある場合は、1月7日が過ぎてから別のハガキを送ります。

送らなかった相手から年賀状が届いたら?

喪中ハガキを出さなかった相手や出すのを忘れてしまった相手から年賀状が届いた場合は、年賀状のお礼や喪中であることを伝えるためにも寒中見舞いや年始状で返事を出しましょう。喪中ハガキが届かなかったために相手はあなたが喪中であると知らない可能性があり、その場合、あなたに年賀状を出してもらえなかったと思われてしまいます。相手を不快にさせないためにも返事は出した方が良いです。一般的には寒中見舞いであれば1月8日以降、年始状であればお正月に届くことを考えて年末に郵送します。喪中ハガキには細かなマナーがありますが、年始の挨拶を断る挨拶状であると理解した上で、ハガキに書くべき内容や、郵送する時期などを間違えなければ極端なマナー違反にはなりません。基本的なポイントを押さえていれば喪中ハガキの作成も難しくなくなるでしょう。

喪中見舞いをネットで送れるサービス

ネットで弔電を送れるVERY CARDには、お線香などがついているものも。こういったものを使うと、ちょっと丁寧な「喪中のご挨拶」を送ることができます。

年賀状の発送が減るにつれ、喪中ハガキも減ってきました。

一方で、どうしてもご挨拶したい、という人もいると思います。

そういう方には、他の人には送らない、こういったご挨拶もさり気なくていいのではないでしょうか?

また、喪中ハガキで、お亡くなりになったことを知る、ということもあります。

お悔やみの気持ちを御霊前に伝えたいという気持ちもあると思いますが、年末年始だとご遺族もバタバタされているもの。

気持ちの言葉とお線香を送るのがスマートかもしれません。

 

喪中見舞いと線香のセットのイメージ

 

É@B
セットイメージ

 

 

4.7/5 (23)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。