【行ってきました】後楽園ホールで永源遙さん追悼の10カウントゴング!


2016年11月28日に急逝された元プロレスラー永源遙さんの追悼セレモニーが12月2日、東京・文京区の後楽園ホールで開かれました。

会場に設置された献花台には大勢のファンが訪れ、花束を供えて別れを惜しみました。18時30分試合開始前には、リングの上で10カウント弔鐘を鳴らし、永源さんの冥福を祈りました。

 

献花台に花を供えてお別れ

献花台
17時15分に開場した献花台。たくさんの花束が供えられた

 

後楽園ホール5階に設置された献花台には多くのファンらが訪れました。

写真の前で涙ぐむ人、親子で手を合わせる人など、花束をお供えして永源さんとの突然の別れを悲しみました。

 

161202c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%83%8e%e3%82%a2-3
選手献花の模様。写真提供:プロレスリング・ノア

 

永源遥献花台
献花に訪れた山田邦子さん

 

お別れの10カウントゴング

p1050643_fotor

18時30分、試合開始前に会場スクリーンに永源遙さんの映像が映し出されます。

遺影を胸に選手が入場。

リング上にて10カウントの弔鐘を鳴らし、黙祷を捧げて永源さんの冥福を祈りました。

遺影を胸に黙祷する丸藤正道選手
遺影を胸に黙祷する丸藤正道選手

 

献花台は12月3日ディファ有明大会にも設置される予定。また、東京・港区の青山葬儀所にて、12月2日に通夜が、3日には告別式が行われます。

 

 

永源さんは大相撲を経て、1966年に東京プロレスでデビュー。その後、日本プロレス、新日本プロレス、ジャパンプロレスを経て、1987年からは全日本プロレスで活躍。「悪役商会」として、そのコミカルなファイトで人気を博した。00年にはノアの旗揚げに参加し、06年3月に故郷である石川県中能登町で引退。その後もノアのフロントとして、団体を支え続けた。享年70。

プロレスリング・ノア公式サイトより

(小林憲行)

 

5/5 (10)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。