お姫様みたいな……経帷子? いいえ、エピローグドレスです!


 

少し前まではお葬式というと、故人は手甲・脚絆に頭陀袋を下げてという“死装束”を来て、旅路につくイメージでしたが、最近は違います。

その人らしい衣装を着てお別れということもあれば、オーダーメイドでつくるドレスでお別れもできるんです。

お葬式も、七五三、成人式、結婚式と同じように人生の節目で迎える大切な儀式。そこでその人の人生にふさわしい、ドレスをつくってくれるのが“エピローグサロン 光の庭”(有限会社ワイツープランニング 住所:神奈川県横浜市 代表取締役:杉下由美)です。

きれいなドレスはそれだけで、お葬式のイメージを変えてくれます。お別れ会なんかにもピッタリかもしれません。

 

大切な家族に愛をこめて贈る「オーダードレス」

長年、ファッションデザイナーとして活躍してきた杉下由美さんが、一人ひとりの想いをデザインしてつくるドレスです。

大切な家族に贈る最後の贈り物としても、自分らしい人生を飾る衣装としても。すべてをオリジナルでつくる「フルオーダー」と、エピローグドレスに最適なデザインからアレンジする「セミオーダー」の2つから選べます。

どうしても急がなければならない場合にはすぐに用意できる「レディメイドドレス」もあるので安心です。

 

想いを形にしていくフルオーダー

例えば、大好きなこと、大好きな気持ち、大好きなコレクション、大好きな友だち……たくさんの大好きを集めて形にしたり、そのデザインはそれぞれの想いによって変化します。

世界に一人しかいない大切な人のために、世界に一つしかないドレスが生まれます。

制作期間は2ヵ月以上。ゆっくりとお話しながら、時間をかけて丁寧につくり上げていきます。

光の庭

想いに合わせて選べるセミオーダー

やわらかいケープで肩をふんわりくるんだり、胸元をレースや刺繍など、思い思いのモチーフで飾ったり。さまざまなバリエーションの中から好みのデザインを選び、さらに好きな色や生地を選ぶことができます。

制作期間は1ヵ月以上。縫製加工もすべて日本国内で行っています。

ドレスと同じイメージのポーチブーツなど、小物もセットになっています。

yuri_cinnamon1

 

 

終活は自分の興味の持てるところから

お葬式を取り巻く環境も、そしてお葬式そのものも日々、変化しています。

終活を考えている方も、初めからしっかりとお葬式のプランを練る必要はありません。

無理をしないで、まずは自分の興味の持てるところから、少しずつ情報を集めてみる。

そして、面白そうなものがあれば「へーっ!!」って驚いてみる。

そんなところから始めてみるといいかもしれません。

 

4.8/5 (5)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。