「法事」ってどんな種類があるの?忌中と喪中の違いは?初七日、四十九日、一周忌、三回忌などそれぞれの行事について


「法事」は学校や職場でよく聞く言葉ですが、そもそもどういったものなのか理解できている人は多くないでしょう。「法事」という行事がある訳ではなく、故人の冥福を祈るための一連の行事を指して法事と呼ぶのです。
法事の種類は多く、招待される機会も年を取ればそれだけ多くなっていきます。故人を偲ぶ大切な場面でうっかりマナー違反を犯さないためにも、改めて法事についての基礎知識やマナーについて知っておくことが重要です。

葬儀・お葬式から始まり、初七日、四十九日、百か日、お盆お彼岸一周忌や三回忌など故人の祥月命日(亡くなった月日)に営む追善供養の法要(年忌法要)……これら法事と法要は何年も続いていきます。

今回は、そんな法事と法要について、説明していきます。

 

法事とはいったい何?何のためにするの?

法事は亡くなった人の冥福を祈るために行う仏教の儀式です。読経などを行う「法要」と、その後に行われる会食であるお斎を含めて「法事」と呼びます。故人の魂が極楽浄土に行けるように祈ることはもちろん、現在では故人を偲ぶための機会としても行われています。
いろいろな種類があり、日単位で区切られた中陰法要と、年単位で区切られた年忌法要があります。行う法事の種類によって、遺族だけで行ったり、親類縁者を招いて盛大に行ったりします。

回数が多くて大変!1年目の法事

故人が亡くなってからの1年は、たくさんの法事を行うことになります。
仏教では亡くなってから四十九日間を「中陰」と言います。この間、閻魔大王による裁きが七日ごとに行われ、故人が極楽浄土に行けるか否かが決定するのです。そして最後の判定が下される四十九日目が「忌明け」となります。地域によっては三十五日が忌明けになるところもあります。
遺族は故人が極楽浄土に旅立てるよう、七日ごとの裁きに合わせてお祈りをします。この法要は遺族だけで行いますが、現在では省略されることも多くなっています。最初の初七日法要も、本来は亡くなってから七日後に行われるものでしたが、最近では多くの人に参加してもらえるよう、葬儀と同日に行われることが増えてきています。
故人が極楽浄土に行けるか決まる四十九日の法要は、遺族や親族、友人や知人も列席する法要になります。お坊さんによる読経が行われた後、全員で焼香やお斎を行います。この日に位牌に魂を入れたり、お墓に納骨することも多いため、特に重要な法事と言えるでしょう。
故人の命日から100日目に行う法要を100日法要と言います。「悲しみに泣きくれることをやめる日」であるとされており、遺族や近親者のみで行います。

お盆

 

一周忌と同じくらい重要!?「初盆」とは…

四十九日を過ぎて、初めてのお盆のことを「初盆(新盆)と言います。

お盆は昔から、「亡くなった方が一年に一度、親族の元へ帰ってくるもの」と言われています。

そのため、お盆の法要には、遺族のほか故人の親しかった方々を招待して、僧侶を呼び読経をしてもらう場合が多いようです。

お盆に近い日に亡くなり、四十九日を過ぎずにお盆を迎えた場合は、翌年に初盆の法要を行います。

2年目以降のお盆にも供養を行いますが、2年目以降になると法事・法要に参列する人数も減り、控えめに執り行われることが多いです。

 

年忌法要は何年ごと?何回忌まであるの?

一周忌(丸1年後)は、親族のほか友人・知人も呼んで行うものです。その後の三回忌(丸2年後)、そして七回忌(丸6年後)までは行うのが一般的ですが、回を重ねるごとに親族のみとなる場合が多いです。

何回忌まで法事・法要を行うべきかの決まりは特にないのですが、十三回忌(丸12年後)、十七回忌(丸16年後)、二十三回忌(丸22年後)、二十七回忌(丸26年後)、三十三回忌(丸32年後)と続き、三十三回忌を年忌止め(弔い上げ)と言って、これで年忌法要(年忌供養)を打ち切ることが多いようです。

これは、三十三回忌を「清浄本然忌(しょうじょうほんねんき)」と言い、亡くなった方が諸仏の位に同化する年とも言われるためです。

三十三回忌までで年忌止めとする宗旨・宗派が多いものの、地域やお寺によってその時期は異なり、五十回忌を営んで年忌止めにする場合もあります。その場合は、他の親族の法事と一緒に行うことが多いようです。

 

なお、神道ではこうした追善供養のことを「式年祭」と呼ばれ、キリスト教の場合は、年忌法要にあたるものとして「追悼ミサ」や「記念の集い」などが行われます。ただし、仏式でいう年忌止め(弔い上げ)のような明確な区切りは特に決まっていないことが多いようです。

 

 

忌中と喪中の違いってなに?

上記に書いたとおり、四十九日までが「忌中」で、この期間は結婚式などお祝い事のへの出席は控えるものとされています。

一方で、よく聞く言葉として「喪中」があります。年賀状ではなく「喪中はがき」「寒中見舞い」に替える、といったことで、比較的多くの人に関わりがあるので、印象にも残りやすいですね。こちらは、不幸があってから、1年間の期間とされています。

「忌中」と「喪中」の過ごし方ですが、これは基本的に同じとされており、慶事への出席を控えることが多いようです。一方で、1年間も続くのは現代の感覚とは合っていないところもあり、最近では個人の考えによって、出席する、しないなどの判断を決めていることも有るようです。

 

 

 

段取りが大事!法事の準備はどうやってする?

行う立場から見ると、法事は実に忙しくやることの多い行事です。
準備は二カ月前からスタートします。まずどこで法事を行うか決め、更にいつ行うかもできるだけ早く決める必要があります。最近では集まりやすくするため、当日ではなく早めの休日にすることも多くなっています。日が決まったらお寺に連絡し、読経してもらう僧侶を手配します。更に招待する人の範囲をはっきりさせ、案内状を作成します。会食をする場合は人数を考えて会場を選択することも必要です。引き出物の準備も進めておきましょう。
一カ月前になったら、案内状を送付します。出席欠席は、2週間前には分かるようにしなければならないため、日付には注意しましょう。参加する人数がはっきりしたところで、引き出物や料理などを確定します。何日前までなら変更ができるか確認しておくことも重要です。
法事前日は、お布施やお供物、位牌などの準備を行います。この他、引き出物やお花、遺影写真など、必要なものはしっかりと揃えておきましょう。招待客の人数を再確認することも大切です。
当日は早めに準備を始めます。自宅以外の会場で行う場合は、早めに到着してお客さまを迎えるようにしましょう。もちろん、忘れ物は厳禁です。

わかっていれば慌てない!法事の流れ

法事ではまず僧侶による読経があります。その後遺族や親族など近しい人達がまず焼香を行い、友人や知人などが続きます。焼香が終わったら、僧侶による法話を聞きます。その後お墓参りを行い、会食会場へと移動します。お墓が遠方にある場合は省略することもあります。
会食会場に付いたら、まず施主から簡単な挨拶を行います。その後献杯を行い、会食がスタート。食事が終ったところで施主からお礼と閉会の挨拶を行い、引き出物をお客さまに渡して解散の運びとなります。

法事に呼ばれたら?お香典はいくら包めばいいの?知っておきたい法事のマナー

招かれる側に立ったときは、マナーを守るようにすることが重要です。
まずは服装です。男性はワイシャツのみ白で、他のスーツやネクタイ、靴下や靴は黒でまとめます。革製品などの目立つ小物は身に着けないようにしましょう。女性も黒のワンピースやスーツなどを着用します。肌の露出は避け、肌色か黒のストッキングを身に付けます。
法事の際には香典を用意します。故人との関係によって金額は変わってきますが、1万円程度を目安にするといいでしょう。夫婦で参加する場合は2~3万円ほどを入れるようにします。表書きは宗派によって異なりますが、仏式の場合は「御香典」あるいは「御香料」と書きます。
また、香典以外に供物と呼ばれるお供え物を贈ることもあります。供物は故人と親しかった人が贈ることが多いですが、それ以外の人が贈ってはいけない、というものではありません。何を贈るかは宗派によって異なり、例えば仏式の場合は線香やロウソク、果物が一般的です。
予め法事について基本的な知識を身につけ、いざというときに慌てないようにしておきましょう。

法事と法要については、「法事・法要の基礎知識」で詳しく説明していますので、もっと知りたい方はそちらもぜひ参考にしてください。

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.67/5 (6)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。