何回忌まで法事があるの?年忌法要の基本


葬儀・お葬式から始まり、初七日、四十九日、百か日、お盆お彼岸一周忌や三回忌など故人の祥月命日(亡くなった月日)に営む追善供養の法要(年忌法要)……これら法事と法要は何年も続いていきます。

今回は、そんな法事と法要について、説明していきます。

 

忌明けの時期から一周忌まで

故人が亡くなった後、祝い事への出席などを控える期間を「忌中」といい、忌中が明ける節目の時期を「忌明け」と呼びます。

忌明けの時期は宗教によってやや異なり、仏式(在来仏教)では四十九日、神式(神道)では五十日が忌明けとされています。

仏式では、故人の魂が旅立つ日の四十九日までを忌中として、それを境に忌明けとするのですが、四十九日は「満中陰」ともいい、満中陰法要(四十九日法要)と忌明け法要は一緒に行う場合が多いです。

四十九日法要は、葬儀の時にお世話になった親族、故人の友人・知人などを招待し、法事・法要を行います。

遺骨の埋葬(霊園・墓地への納骨)なども、この時期に合わせて行うことが多いです。

一般的には一周忌までが「喪中」と言われていますが、服忌令に基づき13か月とする場合もあります。
お盆

 

一周忌と同じくらい重要!?「初盆」とは…

四十九日を過ぎて、初めてのお盆のことを「初盆(新盆)」と言います。

お盆は昔から、「亡くなった方が一年に一度、親族の元へ帰ってくるもの」と言われています。

そのため、お盆の法要には、遺族のほか故人の親しかった方々を招待して、僧侶を呼び読経をしてもらう場合が多いようです。

お盆に近い日に亡くなり、四十九日を過ぎずにお盆を迎えた場合は、翌年に初盆の法要を行います。

2年目以降のお盆にも供養を行いますが、2年目以降になると法事・法要に参列する人数も減り、控えめに執り行われることが多いです。

 

年忌法要は何年ごと?何回忌まであるの?

一周忌(丸1年後)は、親族のほか友人・知人も呼んで行うものです。その後の三回忌(丸2年後)、そして七回忌(丸6年後)までは行うのが一般的ですが、回を重ねるごとに親族のみとなる場合が多いです。

何回忌まで法事・法要を行うべきかの決まりは特にないのですが、十三回忌(丸12年後)、十七回忌(丸16年後)、二十三回忌(丸22年後)、二十七回忌(丸26年後)、三十三回忌(丸32年後)と続き、三十三回忌を年忌止め(弔い上げ)と言って、これで年忌法要(年忌供養)を打ち切ることが多いようです。

これは、三十三回忌を「清浄本然忌(しょうじょうほんねんき)」と言い、亡くなった方が諸仏の位に同化する年とも言われるためです。

三十三回忌までで年忌止めとする宗旨・宗派が多いものの、地域やお寺によってその時期は異なり、五十回忌を営んで年忌止めにする場合もあります。その場合は、他の親族の法事と一緒に行うことが多いようです。

 

なお、神道ではこうした追善供養のことを「式年祭」と呼ばれ、キリスト教の場合は、年忌法要にあたるものとして「追悼ミサ」や「記念の集い」などが行われます。ただし、仏式でいう年忌止め(弔い上げ)のような明確な区切りは特に決まっていないことが多いようです。

法事と法要については、「法事・法要の基礎知識」で詳しく説明していますので、もっと知りたい方はそちらもぜひ参考にしてください。

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。