四十九日にお香典は必要?服装は喪服?知っていれば慌てない。四十九日法要の段取りについて。


四十九日法要を知ってますか?言葉は知ってはいるけれど、なにをするのか詳しくは知らないという方が多いと思います。この四十九日法要、事前に準備することが多いのですが、葬儀から間がないためにすぐに準備を始めなければなりません。四十九日法要を慌てずに迎えるために、なにを準備すればいいのか、あらかじめ把握しておくことが重要です。
今回は、四十九日法要の準備や段取り、法要にかかる費用まで詳しく見ていきたいと思います。

 

お線香

 

四十九日法要の目的や意味は?

まず、四十九日法要とはなんなのか、法要を行う意味を見ていきましょう。
人は亡くなった後、四十九日後に仏の元へ向かうとされています。その四十九日の間、七日ごとに閻魔様の裁きを受け、四十九日に極楽浄土に行けるかどうかの最後の審判を受ける、と考えられています。故人が極楽浄土に行けるように、遺族も七日ごとに祈ることで故人に善行を足していくのです。故人の審判が下る四十九日が一番重要だと考えられているため、盛大な法要を行い供養を行うというわけです。また、四十九日は忌明けとなり、喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあるとされています。

参列をお願いするのはどこまで?

四十九日法要を行う際には、参列していただく方を決めなければいけません。四十九日法要は、故人の友人や仕事関係の方を呼んで盛大に行う場合や近親者のみで行う場合などさまざまです。遺族や親族の方針、地域などによって違いがありますので、一般的にこの人を呼ばなければならない、などの決まりはありません。そのため、法要を行う会場の場所や広さ、会食の準備などを考えながら家族で話し合って決める必要があります。
また、故人と縁の深い方のみでしんみりと、という考えから、近親者のみで四十九日法要を行うケースも増えてきています。

事前に手配が必要なものは?

まずはじめに、日程の調整と式場の手配をしましょう。日時を決める際には、四十九日前の土日がいいとされています。これは、多くの人が集まりやすい日時でという配慮からです。式場は菩提寺があればお寺で、なければ自宅などでも構いません。あまり遅くなると、お寺や式場の日程の都合がつかない場合もありますので、葬儀が終わったらすぐに手配を始めた方が無難です。法要で読経を行う僧侶の手配も行います。日程次第では僧侶の都合がつかない場合もありますので、こちらもできるだけ早く依頼することが重要です。
参列してもらう方への案内状の準備も必要になります。日時が決まったらすぐに手配をはじめてご連絡をし、参列する方の日程調整がしやすいように配慮しましょう。
その他の手配としては、法要後に行う会食や引き出物の手配も必要です。法要を終えた後で場所を移動して会食をする場合は会場の手配もしましょう。自宅で行う場合は、仕出し店などに注文しておいてください。会食は必ずしも必要というわけではありませんが、会食をして故人を偲ぶのが一般的です。もし、会食をしない場合は引き出物と一緒に、お酒とお弁当を持ち帰っていただきましょう。
また、四十九日を境にして、白木位牌から本位牌に魂を移し仏壇の開眼供養も行いますので、仏壇と本位牌も準備しておいてください。本位牌には戒名の文字入れをします。そのため、完成には1~2週間はかかりますので、こちらも早めに依頼しておきましょう。

一般的な四十九日法要の流れは?

当日の流れを簡単に説明します。
まずは、開式の準備です。この時の席順は個人と血縁の近い順になります。血縁の深い順に祭壇の近くに座りましょう。一般参列者はその後ろに着席します。僧侶が着席したら、開式です。ここで施主による開式の挨拶があります。これは、簡単な挨拶で構いません。
次は、読経・焼香です。僧侶による読経を聞きます。そして僧侶の合図で施主から血縁の近い順に焼香をします。
読経の後、僧侶による法話(仏教の教義)などを聞きます。法話が終了すると僧侶が退場します。
この後は会食です。会食前に施主による簡単な挨拶があります。会食が終わると、四十九日法要は終了となります。

四十九日法要にかかる費用の目安は?

四十九日法要の際にかかる費用は、僧侶へのお布施や会食費用、式場の使用料、引き出物代などがあります。
四十九日法要のお布施は、葬儀のお布施の一割程度が一般的だと言われています。そのため3万円~5万円が相場になるのではないでしょうか。お布施とは別に、お車代として5千円~1万円、会食を辞退された場合には御膳料として5千円~1万円程度が必要になります。
引き出物代は、およそ3千円程度で準備するといいでしょう。会食費は1人あたり3千円~1万円が目安になります。会食費は頼む料理のグレードによって変わってきますから、予算に応じて決めてください。
自宅以外で法要を行う場合には、式場の使用料もかかります。場所や広さによっても異なりますが、3万円~5万円ぐらいが相場だと言われています。

四十九日法要に参列するときの注意点は?

四十九日法要に参列することになった場合はまず、香典を用意しましょう。香典の表書きは「御佛前」「御仏前」「御供物料」などで、水引は黒白、双銀などの結び切りのものを使用します。金額は、故人との関係によって変わってきますが、血縁者なら1万円~5万円、友人知人なら3千円~5千円程度が相場だと言われています。これは地域などによっても違いますので、参列される方同士で相談して決めてもいいでしょう。お供え物は必ずしも必要なものではありません。しかしこれも地域などによって異なりますので、不安であれば他の親族に聞いておくといいでしょう。持参する場合は、一般的には花やお菓子、果物、線香などが多いようです。
四十九日法要までは遺族以外も喪服で参列します。光る時計やアクセサリー類などは控えましょう。
このように、四十九日法要にはさまざまな準備や手配が必要になります。慌てずに法要を迎えるためには、事前になにが必要か把握することが大切です。故人を偲び供養するために、しっかりと四十九日法要の準備を整えましょう。

法事・法要に関するマナーは、「法事・法要の基礎知識」でもご紹介しています。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.17/5 (12)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。