【髪型のマナー】ロングヘアは要注意!葬儀・お葬式に最適なヘアスタイルは?


葬儀・お葬式は公共の場です。そして、遺族、参列者に関わらず、お辞儀をする機会が多々あります。

特に女性の場合、ロングの髪をおろしたままでは頭を下げた時に邪魔になることがあります。

そのため、ロングヘアのときは邪魔にならないよう、ひとつにまとめる髪型が無難とされています。

うなじが少し見えるくらいで耳より下でひとつにまとめると派手にならず、また女性らしさも見えます。

また、横にまとめることはマナー違反ではありませんが、ふさわしいとはいえません。髪にかからないように後ろで縛るようにしましょう。

 

葬儀の場では華やかに見えるヘアスタイルはNG

葬儀・お葬式では、普段明るめのカラーリングや派手なパーマをあてている人は要注意です。

故人を偲ぶ場で黒い喪服に派手な髪は悪目立ちします。

マナーとしては黒に染め直すことがベストですが、難しい場合は、その日だけ黒髪のスプレーをかけるなどの心遣いが必要です。

また、時間がない場合でも髪を束ねるだけではマナー違反とみなされます。髪の露出を抑えるためにも必ずひとつにまとめるようにしましょう。

ひとつにまとめる際にも、細かい編み込みや夜会巻きなどのアレンジは華やかに見えてしまうので避けましょう。

よりシンプルに見えるように髪をまとめあげることが何より大事です。

 

髪を結ぶ

 

ヘアピンや髪留めはどんなデザインならOK?

しっかりまとめたつもりでも途中で髪が崩れてしまっては故人にも遺族にも失礼に当たります。

そのため、しっかり固定するのにヘアピンや髪留めを使用せざるを得ないこともあります。

その場合、使用する際は必ず黒色にしましょう。

飾り気のないものがベストですので極力地味に抑えていくようにします。

同じ黒色でも、レースが多く使われている派手なシュシュや華美な装飾のバレッタは避けましょう。ただし、シンプルなものであれば使用してもかまいません。

また、金具の部分が派手なものにも注意をしてください。

ひとつにまとめる際にアメピンやUピンは日頃から補充しておくと、いざというときに便利です。

 

ロングヘアの方は必見!葬儀に適したアップスタイル

黒髪の人はひとつにくくるだけでも問題はありませんが、茶髪の人やパーマをかけている人はひとつにまとめることが無難です。

ここで、時間がない時にでも簡単にまとめられる方法をご紹介します。

ワックスを髪全体に馴染ませてから、耳より少し下でひとつにくくり、髪ゴムを隠すように根元からぐるぐると巻きます。

ねじり始めたところからさらに髪ゴムでまとめると簡単です。

さらに、ヘアピンを使って固定すると崩れにくくなります。

ヘアワックスやヘアスプレーを使用する際には香りの強いものは避けて、無香料のものや香りの主張のないものを選ぶようにします。シャンプーくらいの香りであれば問題はありません。

 

【関連記事】


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (6)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。