TPOで使い分けよう!葬儀・葬式の服装【女性編】


葬式における女性の服装は、喪服やスーツ、着物を着るなど選択肢が多いので一見すると難しく思えますが、TPOを守って使い分ければ服装に迷うことはないでしょう。

今回は、喪服を用意するべきかスーツや黒の服でよいかなど、何をポイントに選ぶべきか紹介したいと思います。

故人との関係で服装が変わる場合があるので、この機会にきちんと覚え、故人との最後のお別れに恥ずかしくない装いで参列することを心がけましょう。

 

ブラックフォーマルの基本を押さえよう

ブラックフォーマルを着るのは通夜、葬儀、告別式に参列する場合です。

通夜の場合にはグレーなどのカジュアルな服装でも問題ありません。

ブラックフォーマルの基本は、黒のワンピースやアンサンブル、スーツといったものに黒のストッキングと靴を合わせます。

また、肌を見せないことを心がけ、冬場でもコート類は建物内に入る際に脱ぐようにしましょう。

毛皮やファーのついたものは殺生を連想させるので身に着けてはいけません。

夏場でも五分袖まではあることが望ましいので、アンサンブルの場合は上着をきちんと着ておきましょう。

アクセサリーに関しては、結婚指輪やパールのネックレス程度にし、ネックレスは二連にすることを避けましょう。

 

葬儀の場では黒ければ良いとは限らない

黒を着ていればどんな服装でも構わないのかと思う人もいるかもしれませんが、女性の場合はスカート丈に一番気を付けたいところです。

まず、膝が見えるスカートはNGです。

いくら黒いストッキングを履いたり、黒い靴を履いていても、スカートの丈が短く、座った時に膝頭が出ているものも良しとされません。

ブラックフォーマル購入時には、葬儀に参列することのできるブラックフォーマルを購入したいことを伝えて、葬儀に着てはいけないものを選ばないよう注意しましょう。

サテンやリボン、刺繍をしてあるなどの多少の装飾は問題ありませんが、おしゃれを楽しむ場ではないことを心がけ、TPOに合った服装選びをしましょう。

 
150415332018_small

 

再確認しよう!マナーにそった服装例をご紹介

学生の場合は、制服があれば喪服を用意する必要はありませんが、制服がない場合は、ワンピースなどを着るのが無難です。

20代、30代といった比較的若い年齢ではボレロ風ジャケットのブラックフォーマルが良いでしょう。

また、ふくよかな体型の人や年配の人はテーラードジャケットをおすすめします。

細身の人は、首までボタンのあるジャケットを、背の低い人はテーラードジャケットを避けるなど、年齢や体型を考え、きちんと店で試着をし自分に合ったデザインやサイズ、丈を選ぶといいでしょう。

その際、膝丈より長いスカートを選ぶことも忘れないようにしましょう。

 

【関連記事】


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (5)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。