通夜、葬儀・告別式の後はいったいどうなる?生花祭壇の花の行方


お葬式と言えば、まず思い浮かぶのが、きれいな花で飾られた祭壇。

以前は日本全国、どこでも白木祭壇が当たり前という時代もありましたが、1990年代以降、葬儀会館でお葬式が行われるようになるにつれて、花祭壇、生花祭壇というように、花で飾った祭壇も広がっていきました。

最近では仏式のお葬式でも、すっかり生花祭壇が主流になっています。

白い菊できれいなラインを表現するだけでなく、バラやカーネーションなど明るい洋花をふんだんに取り入れたり、多い時には何千本もの生花を使います。

でも、お別れに用いたこのたくさんの花、お葬式が終わった後、どうするのでしょうか?

今回は、通夜、葬儀・告別式後の生花祭壇の花の行方をご説明します。

 

生花祭壇で故人の人生を表現

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s

生花祭壇の大きな特徴には、飾る花の種類やデザインで故人らしさを表現できるという点があります。

故人が生前大好きだった花というだけでなく、例えば桜の花を大きな枝ごと飾ったり、落ち着いた和の雰囲気の漂う竹林を表したり、時には故人が愛用した自転車と緑の下草を組み合わせてサイクリングの風景を再現したりということもあります。

祭壇という概念にとらわれることなく、故人の遺志や遺族の想いに合わせてお別れの空間を自由にデザインできるのも、生花祭壇の魅力です。

 

出棺の前には、生花祭壇から花がなくなってる?

5b41259a5f2a71841a5e313baca95961_s

東京などお葬式の後に火葬を行う地域では、葬儀・告別式が終わると、出棺の準備が始まります。

この時、葬儀社の担当者や手伝いに来ているお花屋さんのスタッフたちは、祭壇に飾られた花を短時間の間にきれいに抜き取ります。

ではこの抜き取った花はどうなるのかというと……、葬儀社によってもそのサービスの内容はさまざまですが、一般的にはこの花は最後、柩の中に入れます。

茎の部分をとってお盆の上にたくさんの花を盛って、ご遺族の方が故人と最後のお別れをする際に、柩の中に入れる「お別れ花」になります。

 

 

ブーケにしてご遺族にプレゼント

93dc722351016e47e117b312bacb25f1_s

さらに、葬儀社によってはきれいな花をブーケにして、遺族や参列者にお渡しすることもあります。この時は葬儀社のPRもかねて、ロゴの入ったセロファンで包んでということもあります。

また、祭壇に使用した花ではありませんが、火葬場から戻った遺族に一輪挿しに挿した花をプレゼントしてくれる葬儀社もあります。

仏壇の前に飾ったり、一輪挿しも後々まで使えるので、喜ばれているようです。

 

 

花祭壇の花は縁起が良いのか悪いのか?

8a7fc22253cd0003bf1039011b4944b8_s

中には「故人の祭壇に使われた花を持ち帰るのには抵抗がある」という方もいます。

宗教によっては、例えば神道など、死は「穢れ(けがれ)」と考えられている場合もありますので、通常、花をもらうのは故人とごく親しかった方や、希望される方などに限られ、参列者全員に配るというものではありません。

ただし、地域によっては「お葬式の花を持ち帰る」というのが当然の習わしになっているところもあります。

長生きをした故人にあやかって「長寿にあずかれる縁起物」とか「仏さまにお供えした花だから功徳になる」とか、諸説あるようです。

花束は普通に買ってもすぐに千円、二千円とかかります。

そのまま捨ててしまうよりは、せっかくなので持ち帰って家に飾ったほうが故人の供養にもなるし、経済的と思ってしまいますが、「やっぱり抵抗がある」という場合は、勧められたら「家に着くまでにしおれてしまうとかわいそうだから……」など、お断りするにしても遺族に対する心配りがあるといいかもしれません。

 

ところで供花はどうするの?

0f3b4b005e556bdb5ff6cba41b05c09b_s

供花も原則、遺族にお渡しします。

胡蝶蘭などは鉢ごと、ご自宅に持ち帰っていただくのが一般的です。

ただ、とてもたくさんの供花が届いたり、とても家に持ち帰れないといった場合は、葬儀社に引き取りをお願いすることもできます。

担当者に相談してみてください。

また、最近では、供花として届ける代わりに、供花を祭壇に組み込んだり、また供花の代金で生花祭壇の費用をまかなうことで、葬儀費用を抑えるというケースもあるようです。

 

(小林憲行)

5/5 (2)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。