【家族葬のトラブル予防】誰をどこまで?参列者のスムーズな決め方


家族葬とは、直系の家族や近親者などで行う葬儀のひとつであり、事前に参列して欲しい人の範囲を決めておかなければなりません。

一般葬と違い、限られた人たちが参列する葬儀となりますので、きちんと周囲の人たちに家族葬を行うことを知らせておかないとトラブルに繋がりかねません。

家族葬は故人と家族がゆっくりと過ごす最後の時間です。後で問題のないよう細心の注意をはらいましょう。

とはいえ、どこまで声がけするべきか?迷う方も多いかと思います。

今回は、どうやって参列者を選ぶかについて、いくつかの方法を紹介します。

 

一般的な家族葬の参列者の範囲はどこまで?

基本的に、家族葬は直系の家族や近親者、正確には故人の両親と子どもの家族、兄弟までが参列者の範囲です。

しかし、明確な定義があるわけではありません。

直系の家族以外に遺族側が参列をお願いした場合、故人と親しかった友人が参列する場合があります。

訃報の連絡が来た際に参列しても良いのかどうか迷う場合がありますが、どのような内容の連絡であっても葬儀の案内がない場合は参列するのを控えることが重要です。

家族葬の場合、葬儀の案内がないのに参列すると、遺族側を困らせることになりかねません。

 

参列者を決めないと親族トラブルになりやすい?

家族葬は、参列者を明確に決めておかないと親族トラブルにつながる恐れがあります。

訃報を家族や近親者だけではなく、親戚や近所に住む方にお伝えすることがありますが、それを葬儀の案内と勘違いして参列してしまうケースがあります。

誤解を与えないように家族葬を行う場合は必ず、家族や近親者で葬儀を行うことをしっかりと伝え、香典も断るように伝える必要があります。

ここをしっかりしておかないと、後になって「自分は呼ばれなかった」といったトラブルに発展しかねません。

自分たちの思いだけでなく、周囲の人たちにも心を配ることでトラブルを避けることができるでしょう。

 

15-2

 

家族葬参列者のスムーズな決め方とは

家族葬だからといって、家族や近親者のみしか参列してはいけないというわけではありません。

遺族がお願いすることで親しかった友人や知人なども参列することはできます。

日程ですが、家族葬の場合は故人と家族とのお別れを最優先しましょう。

声がけした方全員に参列してもらいたいと希望しても、日程が合うとは限りません。

やむを得ず家族葬に参列できなかった人に対しては、葬儀後、無事終了したことを伝えましょう。

 

【関連記事】


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.56/5 (9)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。