【押さえておきたい】家族葬の場合は?葬儀後に香典を渡す時のマナー


家族葬は近親者や親しい人たちで故人を偲ぶ葬儀のスタイルなので、後日亡くなったことを知らされるケースも少なくありません。

その場合、香典を持ってお伺いした方が良いのかどうか迷う場面もあるでしょう。

故人のことを思うなら、是非ともお悔やみの気持ちを込めて送りたいものですが、何もしない方が遺族のためになることもあるかもしれません。

遺族に対して失礼のないようにするために、葬儀後に香典を渡す時のマナーとはどのようなものなのか知っておく必要があります。

 

家族葬における香典

親しかった人が亡くなったことで香典を送りたいという気持ちがありますが、遺族に対する気配りであっても、迷惑になる場合があります。

家族葬を行う理由の一つに、故人との最期の時間を参列者の応対や事務作業に追われることなく、遺族だけで静かに過ごしたいというものがあります。そのため、香典を受け取ってしまうことで遺族が後日、香典返しをすることを避けて、香典を辞退するケースがあります。

そして、香典を受け取るか受け取らないかの判断は、すべて喪主側がすることです。喪主側が、「香典をお断りします」など香典辞退を明示している場合は、香典を送ってはいけません。

それでも遺族に弔意を示したい時は、お花を送ることが多いです。お花と一緒にメッセージカードを書いて送る場合もあります。文面最後に「お返しは不要です」と一筆書いておくとよいでしょう。

 

家族葬では香典を辞退するという方は多いものの、すべての喪主が香典を受け取らないわけではありません。

故人との別れを惜しむために葬式に参列してくれる人を拒む理由はないということから香典を受け取る場合もあります。

香典を辞退すると思って持って行かなかったら、きちんと受け付けていた……という場合もあるので、遺族から香典辞退を明示されていない場合には、香典は用意しておいて、渡すかどうかはその場で判断するというのが無難でしょう。

13-2

 

葬儀後に香典を渡す場合の確認ポイント

家族葬では、家族や近親者だけで故人を送るため、一般の人の会葬や香典は断っている場合が多いです。

しかし、葬儀を行った後に亡くなったことを知らされた時など、香典を送った方が良いのかどうか悩んでしまうこともあります。

香典を持ってお伺いしたい場合は、まずは喪家にその旨を伝え、ご遺族の意向を伺いましょう。

そこで遠慮されるようであれば、こちらができることは「何もしない」ことです。

受け入れてもらえる場合は、ご遺族の意向を汲んで、あまり負担をかけない形で対応するようにしましょう。

 

【関連記事】


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.9/5 (10)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。