【初めての喪主】どうする?!葬儀場の宿泊施設と費用負担【遠方の親族への配慮】


遠方から親族が葬儀に参列する場合、それに伴う宿泊にかかる費用は誰が負担すれば良いのでしょうか。

また、葬儀場の宿泊施設と一般のホテルではどちらを選べば良いのでしょうか。

親族同士であってもお金に関する問題は後々大きくなることもあります。

故人を晴れやかな気持ちでお見送りしたいのは親族みんなの願いです。

喪主側、参列する側のどちらになっても、慌てずにスマートに対応できるよう、知識だけはきちんと身につけておきましょう。

 

都会での葬儀は宿泊施設を確保するのが困難?

都市部の葬儀では、遠方の親族のための宿泊施設は喪主側が準備しておく必要があります。

自宅にスペースがあればベストですが、自宅では間に合わないケースも多いようです。

もし、事前相談で葬儀社の宿泊施設が利用可能ならば、そこに泊まってもらっても失礼には当たりません。

ホテルに比べるとシンプルな設備になりますが、故人との最後の時間を大切に過ごせますし、料金も抑えられます。

このような宿泊施設がない時には、葬儀社がホテルの手配をしてくれることも多いので、宿泊施設の確保が困難ということはないでしょう。

ただ、まれに葬儀社の施設やホテルの紹介がまったくない場合があります。

こうなると自ら宿泊施設を確保するのは難しくなります。

直前になって慌てることのないように、葬儀社との打ち合わせは十分に行っておきましょう。

 

宿泊費用は喪主側が出す?それとも親族側が出すべき?

地方によって多少考え方は異なりますが、一般的に宿泊費用は親族側が負担するケースが多いようです。

しかしながら、葬儀の準備で喪主側がいくら忙しいといっても、土地勘のない方々に宿泊先を自ら探してもらうというのはあまりにも配慮に欠けます。

心身ともに疲れている方々には、少しでもゆっくりと過ごせる宿泊施設を予約しておきましょう。

極端にハイクラスなホテルを用意する必要はありませんが、明日は我が身ということもあります。

料金の負担と交通の便、年齢などを考慮したシティーホテルクラスの部屋が無難です。

親戚同士のルールや地方の習慣がある場合には、そちらを最優先に考えましょう。

 

07

 

宿泊施設併設の葬儀場の見つけ方

最近では、お通夜から葬儀、場合によっては火葬までを同じ場所で行える葬儀場が増えています。

全国各地に系列の施設がある大きな葬儀社では標準設備として設けているところが多く、故人と少しの時間でもいっしょにいたいという家族の希望を叶えてくれます。

どうしてもホテルではなく、宿泊施設併設の葬儀場を選びたいのであれば、複数の葬儀社で事前相談をしておきましょう。

宿泊が可能といっても、ただベッドや布団だけが用意されているシンプルな施設からホテル顔負けの設備が整った施設まで、さまざまなタイプがあります。

体の不自由な方や車いすの方など特別な配慮が必要な場合は、必ず早い段階で葬儀社や宿泊施設にその旨を伝えておくことも大切です。

 

【関連記事】


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。