段取りは確実に!通夜と葬式の流れ(時間、式次第)を押さえよう


通夜葬式は、故人をお送りするための大切な時間(法事・法要)の一つです。

そのため通夜や葬式(葬儀・告別式)は、事前にきちんとスタッフと時間などの打ち合わせをして、段取りを行っておくことが大切です。

故人を思い、ショックも大きい時期ではありますが、まずは通夜をスムーズに行うことを考えましょう。

そして、通夜のあとに行う葬式(葬儀・告別式)においても、喪主や遺族はしっかりと時間(タイムスケジュール)を頭に入れておきたいところです。

参列者に失礼がないかたちで通夜や葬式を執り行えるよう、これらの法要の一般的な流れについてここで押さえておきましょう。

 

一般的な通夜のスケジュールと式次第

一般的に、通夜は、18時または19時から開始されることが多いです。

開始時間の1時間前には喪主、遺族、主な親族が集合してスタッフとの打ち合わせを済ませ、会場に着席しておきます。

開始時間が近づくと参列者が順に訪れるので、早く来た人から座ってもらいましょう。

導師(僧侶)が入場し、時間になると司会者により開式の挨拶があります。

開式のあと、導師(僧侶)の読経が始まり、焼香が行われます。通夜の焼香においては、一般焼香がないこともあります。

導師(僧侶)が退場し、司会者が閉式を告げた後、喪主、遺族は一般参列者に礼をして見送ります。

その後、通夜振る舞いが行われる場合は、そちらの会場へ移動します。

 

一般的な葬式のスケジュールと式次第

一般的な葬式(葬儀・告別式)では、まず喪主を中心に遺族親族が会場に着席します。

そして、参列者が順番に受付を済ませて入ってきて、皆が着席した後に導師(僧侶)が最後に入場する形になります。

導師(僧侶)の読経が始まり、途中で焼香を行います。遺族(近親者・親族)、参列者の順に焼香を行います。

焼香は、着席したままで焼香台(焼香炉)を回していくスタイルの場合もあります。

司会者が閉式を告げたあと、出棺の準備が行われます。

この時に参列者は柩(ひつぎ)の周りに集まって、花束や故人との思い出の品などを柩の中に入れます。そして出棺となります。

出棺後、葬儀会場から火葬場へと移動し、火葬が行われます。葬儀会場と火葬場が離れている場合、参列者はマイクロバスや自家用車などで移動します。

火葬場での最後のお別れを行ってから控室などでしばらく待ち、火葬が終わったら、お骨上げを行います。

その後、繰り上げ初七日(初七日法要)が行われ、精進落としの会食を行います。

 

繰り上げ初七日(初七日法要)、精進落としとは?

初七日法要とは、本来であれば「故人が亡くなってから7日目」に行う法要ですが、葬儀・葬式が終わってからまた7日後に皆が集まって法事・法要を開催するのは難しいものです。

そこで、初七日法要の多くは、葬儀・告別式の日に一緒にまとめて行われるケースが増えています。

この初七日法要の後に、僧侶や遺族、参列者などが集まって会食するのが「精進落とし」です。

こちらも本来ならば四十九日の法事・法要後に行うものですが、昨今では葬儀の日に皆への労いの気持ちを込めて行うことが多いです。

親戚や知り合いが皆近くに住んでいるような場合であれば、葬儀、7日後の初七日、49日後の精進落としをそれぞれ行っても集まれますが、現代では親戚が遠方に住んでいることも多いので、日を置かずまとめて行うスタイルが増えています。
5-1


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。

また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4/5 (1)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。