【質問】「社葬」と「お別れの会(偲ぶ会)」は何がどう違うのでしょうか。


これまでは、企業に功績のあった方が亡くなると社葬を行うケースが見受けられましたが、最近では著名人や芸能人のように「お別れの会(偲ぶ会)」を執り行うケースも見られるようになってきました。

また著名人でなく、一般的な会社員などであっても、お別れの会(偲ぶ会)は増加傾向にあり、新しい見送り、お別れの形として注目されています。

そこで今回は、社葬とお別れの会の違いを、その定義から考えていきたいと思います。加えて、近年話題となりつつある、社葬やお別れの会を手配できるサービスも紹介します。

 

「お別れの会」が執り行われる背景

お別れの会は、基本的に近親者や遺族のみで葬儀を済ませた後に、友人・知人、会社関係者などを招いて自由な形式で執り行う「葬儀…のようなもの」とされることが多いです。

通常行う通夜や葬儀だと社会的責任や形式にとらわれてしまい、遺族は弔問客の相手で身体的にも精神的にも疲れてしまって、故人とゆっくりお別れできないことがあります。そこで最近では、家族葬や密葬直葬(火葬式)といった、近親者など身内のみで行う葬儀が増えてきています。

遺族の気持ちに添うだけならば家族葬や直葬で十分といえますが、そこに参列できない友人・知人など遺族以外の「お別れしたい気持ち」をないがしろにする訳にもいきません。そのような背景から「お別れの会(偲ぶ会)」という新しい形が生まれてきました。

「家族葬(あるいは直葬)」と「お別れの会」の2段階で執り行うことで、故人に関わる多くの人が納得できる葬送の形ができあがるという考え方です。

また、お別れの会はホテルなどを利用して開催するケースが多く、遺族側もゆっくりと過ごせるため、故人との思い出話に花を咲かせたり、生前の感謝の気持ちを伝えたりといった、参列者との交流をすることができるメリットがあります。

 

公式と非公式の違い?「社葬」と「お別れの会」の定義

「社葬」について、これまでは密葬の後に本葬にあたる社葬を執り行うケースが多かったのですが、最近では個人葬(一般葬や家族葬)の後、1カ月以内に社葬を行うことが一般的なようです。

企業が主催者となる場合では、宗教色や企業アピールを薄めた形式を「お別れの会(偲ぶ会)」と呼ぶことがありますが、そこに厳密な定義が存在する訳ではありません。

お別れの会も社葬の一種に属し、企業パーティーの意味合いが強ければ「社葬」、プライベート感が強ければ「お別れの会(偲ぶ会)」と呼ぶ、といった定義の仕方もあります。

基本的に主催者側の意向や会場、雰囲気などを考慮して決めているのでハッキリと区別はされておらず、言葉の強さから社葬が公式で、お別れの会は非公式と考えている人が多いようです。

【参考】葬儀・お葬式とお別れの会の違い

 

社葬やお別れの会の手配をするなら

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、社葬やお別れの会などさまざまな葬儀の形態に応じたプランや費用などで全国の葬儀社を検索することができ、葬儀に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。

運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供することができます。

 

また、「いい葬儀」姉妹サイトの「社葬.com」でも、社葬・お別れの会についての相談を受け付けています。

どこに相談するべきか迷ったときには一度問い合わせてみることをおすすめします。社葬やお別れの会に対応できる複数の葬儀社に対して一括見積もりができるほか、事前準備から具体的なご相談、当日の連携や事後手続きまで、トータルでサポートしています。

 

「もっと自由な形でお別れの場を作りたい」というときには、お別れ会プロデュースサービス『Story(ストーリー)』(運営:株式会社鎌倉新書)もございます。最終的なお申込み(ご契約)まで無料でサポートがありますので、お別れの会を検討することがあれば、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 


「お別れ会」サービスのご紹介

お別れ会プロデュースサービス『Story(ストーリー)』(運営:株式会社鎌倉新書)では、「新しいお別れのカタチ」をコンセプトに、故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場を作るお手伝いをしています。

ライフエンディング事業を長年にわたって行ってきた株式会社鎌倉新書が責任をもってプロデュースいたしますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

お別れの新しいカタチ「ストーリー」


「お別れ会」に関連する記事

5/5 (9)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。