お別れの会(偲ぶ会)ってどうやるの?企画から手配、開催までの流れと費用


近年増えつつあるお別れの会(偲ぶ会)ですが、通夜や告別式とは違って自由度が高く、案内状の送付から会場選びまで、発起人の企画力と運営力が求められます。

当日までに決めなければならないことはたくさんありますが、まずは、お別れ会の一般的な流れを知り、どのような形で故人とお別れしたいのかをイメージできるようにしておきましょう。

また、やりたいことがあっても、会場となるホテルなど施設の規定で行えることが制限される場合があります。お別れ会の開催を決めたら、できるだけ早く葬儀社やホテルなどに相談しましょう。

 

お別れの会とはそもそもどんな目的で開催するの?

お別れ会は、近親者だけで葬儀や火葬を済ませた後、日を改めて故人と関わりのあった人を招いてお別れを伝える場とされています。

近年では、通夜と葬儀は親族だけで執り行い、友人や知人とのお別れは日を改めて行うといったケースが増えてきています。そこで、故人の写真や思い出の品を持ち寄り、参加者全員でその人の人生を振り返って、思い出を共有します。

お別れ会には特に決まりはありません。そのため、主催者の企画や運営に具体的なプランや明確なコンセプトが必要となります。

まずは、場所を決めてから担当者に相談して、当日までの準備と当日の具体的な流れを決めましょう。

 

お別れの会の開催時期と費用について

お別れ会の開催時期として一般的なのは、葬儀後2週間から2カ月程度経ってからです。また、四十九日や一周忌に合わせて行うこともあります。

いつ行うのかは、遺族や関係者と相談して決めましょう。

費用は場所や出される料理、式の内容によっても異なりますが、1人当たり15,000円前後が目安のようです。

現在では会費制で行う場合が多く、その場合、香典は受け取りません。主催者になったら、会費制にする際に香典の辞退を知らせておくと良いでしょう。

ただし、お別れ会の進行や内容にこうしなければならないという決まりはありません。会場やコンセプト、形式に至るまで自由に選ぶことができます。

したがって、開催時期も費用も基本的には企画者の手に委ねられています。

271342_s_wi

 

お別れの会について相談したい場合、どこでできる?

決まりごとのないお別れ会だからこそ、分からないことがたくさんあるのではないでしょうか。

お別れ会の開催を決めたら、まずは葬儀社に相談するのが一般的です。また最近では、お別れ会の企画運営を手助けしてくれるサービスも出てきています。

決まった形式のないお別れ会だからこそ、運営会社によって全然違うものになることもあります。複数の葬儀社やお別れ会サービスに問い合わせて比較してみると良いでしょう。

その際には、過去の事例を参考にしたり、自分が立てたプランがどのような形になるのかなどを相談することが大切です。遠慮せず、問い合わせてみてください。

 


「お別れ会」サービスのご紹介

お別れ会プロデュースサービス『Story(ストーリー)』(運営:株式会社鎌倉新書)では、「新しいお別れのカタチ」をコンセプトに、故人を想う人が、故人との思い出を自由に表現する場を作るお手伝いをしています。

ライフエンディング事業を長年にわたって行ってきた株式会社鎌倉新書が責任をもってプロデュースいたしますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

お別れの新しいカタチ「ストーリー」


「お別れ会」に関連する記事

4.75/5 (8)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。