【御霊前?御仏前?】お香典の書き方(香典袋の表書き)~社会人のためのマナー講座


新しく社会に出る方々にとって、ぜひとも身に着けておきたいのが、社会人としてのマナー。

中でも冠婚葬祭のマナーは大切です。

特にお葬式は日ごろ頻繁にあるものではありません。でも、だからこそ「いざ」という時のマナーがバッチリ決まると「おお!やるな!」と周囲の評価も上がります。反対に、逆もまた真なり。日ごろカッコよく仕事はできても、いざという時にダメダメだと、その後の評価は残念なモノに……

そこで今回は、お通夜やお葬式に参列する際に必要となる「お香典」について、その表書きの書き方でも特に、「上半分の書き方」について、ご説明します。

 

 

「御霊前」と「御仏前」で迷ったら?

お香典の表書き、上半分の部分には、仏式の場合、「御霊前」と書くことが一般的です。

ただし、宗派によっても違いがあり、浄土真宗などの場合は「御仏前」と書きます。

これは、仏教でも多くの宗派では故人が亡くなってから、「一定の期間は“魂”のような状態で、この世とあの世のはざまに留まっている」、と考えます。このような場合は、お香典を故人の“霊”にお供えするので「御霊前」。一方、浄土真宗のように亡くなったらすぐに仏様になると考える場合は、お香典は“仏様”にお供えするので「御仏前」と考えるとわかりやすいでしょう。

ただし、こうしたお通夜やお葬式のしきたりは、宗旨・宗派はもちろん、地域の慣習やそれぞれのお寺の考え方によっても変わります。

このほか、「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

 

 

仏式以外のお葬式は?

もちろん、お香典の表書きは、宗旨によっても書き方が変わります。

神式の場合は「御玉串料」「御神前」「御榊料」。キリスト教式の場合は「献花料」「御花料」と書きます。

ちなみに、キリスト教式の場合は、水引は無くても問題はありません。

 

 

忌明け(四十九日)後法要後のお香典は?

お通夜やお葬式では「御霊前」と書いていても、忌明けの法要の後は、故人は仏の世界に旅立っているので「御仏前」となります。

また、「御供物料」と書く場合もあります。

お香典袋は、すでに印刷されているものも多数、売られています。

わざわざ自分で書く機会はなかなかないかもしれませんが、自分で書かない場合でも、お葬式の宗旨・宗派に合わせて、ふさわしいものを選びたいですね。

4.8/5 (5)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。