お焚き上げ法要!今は亡きあの人へ伝えたい言葉


もう二度と会うことの叶わないあの人へ。

「ありがとう」の気持ち、「ごめんなさい」の気持ちなど、今だから言える気持ちを綴ったお手紙を送る、「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」。この春も、第7回目となる募集を行っています。

さて、去る3月21日に、神奈川県鎌倉市の圓久寺にて、松脇行眞ご住職のご厚意で、お手紙のお焚き上げ法要を営んでいただきました。

今回はその、お焚き上げ法要の模様をお伝えします。

 

 

圓久寺ってどんなお寺?

02

圓久寺はJR鎌倉駅の西口から、歩いて20分ほどのところにあります。

正式には、常葉山 感光院 圓久寺(じょうようざん かんこういん えんきゅうじ)と言います。1400年代から続く、歴史ある日蓮宗のお寺です。

一年を通じて、四季折々の花が楽しめる境内、特に秋には「鎌倉のコスモス寺」とも呼ばれるほど、きれいなコスモスの花が咲き乱れます。また、緑に囲まれた本堂の裏側一帯は、昭和53年に「北条氏常盤邸跡」として、国の史跡に指定されています。

駅から市役所の前の一本道をまっすぐ、まっすぐ進んでいくと、右手に「NA MU MYO HO REN GE KYO」とアルファベットが並ぶ表札があります。読んでみると「南無妙法蓮華経」。ここが圓久寺です。近年、鎌倉を訪れる外国人観光客も増えているようですが、これなら英語圏から日本に訪れた人も迷いません。

松脇住職は、もともとは一般の家庭(「在家」と言います)で生まれましたが、高校2年生の時に、テレビでお坊さんが「幸せ」について語っているのを見たことから、「幸せって何だろう?」と考え続けて、そのままお坊さんになってしまったという経歴の持ち主です。

 

 

火打ち石で切り火を切って、法要が始まります

03

当日は、14時から本堂で法要を営んでいただきました。

この本堂は、1923年の関東大震災で壊れましたが、すぐに再建されて現在に至っています。

ご本尊の日蓮聖人像には、面白いエピソードも残されています。

昔々、住職の留守中、誰もいない本堂から読経が聞こえてきました。不思議に思ってよくよく調べてみると、日蓮聖人像が住職に代わって、朝夕のお勤めをしていたというのです。この伝承から、圓久寺のご本尊は「読経の祖師」と呼ばれているそうです。

さて、本堂に案内していただくと、「今は亡きあの人」にあてた手紙やファックス、メールをプリントアウトしたものなど、ダンボール箱5箱分がすでにご本尊の前に積まれています。

お坊さんがろうそくに火を灯したり、お焼香の香炉を用意したり、準備されています。

私もご本尊に手を合わせて、「宜しくお願いします」とご挨拶しました。

準備が整ったところに、ご住職が本堂に入場して、「ではこれから、始めますね」と、まず、火打ち石を取り出して、カチッ、カチッと切り火を切ります。

そして、法要が始まりました。

 

06

お経の声と太鼓の音で、本堂中がびりびりと震えています。

お手紙に書かれた「あの人」の供養とともに、お手紙をくださった方、そしてこの「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」と縁のある方々の幸せを祈願していただきました。

 

 

境内でお清め

05

次に、お手紙を境内に運び、「いよいよお焚き上げ!」の前に、お浄めをします。

作務衣に着替えたご住職が、それぞれの箱の中のお手紙と、境内に用意した炉に、お塩、お米、お酒を撒いて清めてくれます。

 

DSC_0051

DSC_0043-2

さらにもう一度、お経を唱えてくれます。

その後、一枚目のお手紙に読経しながら火をつけて、炉の中へ。続けて一枚一枚、炎の中にくべて、お焚き上げをしてくださいました。

 

 

法要の意味をすごく簡単に言うと?

さて、今回、せっかくの機会なので、ご住職に法要の意味について伺いました。

ものすごく簡単に説明すると、「仏様にお経をお供えして、その功徳によって、仏様にいろいろお願いを聞いていただく」ということなのだそうです。

今回は、法華経を読んでいただいて、その功徳で、「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」に縁のある方、皆の幸せをお願いしていただきました。

また、法要の初めに火打ち石で切り火を切るというのは、火の力で清めるのと同時に「これから法要をはじめますよ」ということを仏様に伝える合図でもあるそうです。

お手紙をくださった方々の想いが、お手紙を送られた「あの人」にきちんと届きますように。そして、松脇ご住職はじめ、圓久寺の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」プロジェクトとは?

ポスター修正 B

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」は、“無縁社会”と言われるようになった今日の日本で、「人々の温かな思いを多くの人に伝えたい」との志から始まりました。

2010年から毎年1回お手紙を募集して、今年で7回目になります。

「ありがとう」の気持ち、「ごめんなさい」の気持ちなど、今だから言える気持ちを綴ったお手紙を広く公募し、お寄せいただいたお手紙の中から116編を選んで書籍として出版。またWEBサイトなどに掲載しています。

2016年3月1日から5月31日まで。

第7回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」で、お手紙を募集しています。

 

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」公式サイトはこちら

5/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。